洋裁ブログでしたが、脱線してばかりのブログでタイトル変えました。


by shibaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:教育・塾・学校( 9 )

夫の出番

生活していて、ここは夫、ここは私、と分担しているわけでなく、
なんとなく、どっちががやるという形をとっているので
じゃあ・・・と時間に余裕があるほうがやるになります。

家事は私、ですね。
主に。

こどものスケジュール回し・・・これも私。

二大柱がわたしじゃないの

あぁ、でも、世帯収入のほとんどは夫の収入なのでその係ですか。
稼ぎ係の場合、他に何もしなくていいわけでもなく、やっぱり
出番は作ってあげないとね。

自分でこれやるあれやるって言いだすのは、(あぁ暇人の言いだしそうなこっちゃ)
なんだけども、言葉を変えて、
これをやる時間がないからやっておいて、と仕事を渡すことです。

これから、なかなか忙しくなるけれど、
分担を、やるって言わずに、頼んだと押し付けるのはいいことかと思います。



[PR]
by harenohiureshii | 2018-06-10 23:36 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

晴天下にて

最後の競技をみて、私は先に家に帰宅しました。
紫外線が殺人的な本日、目がやられちゃったよー
サングラスしていたのになぁ

よくも悪くもなく、いつも通りの運動会。
走りもの2競技はビリでしたが、
団体演技は頑張ってましたね

さて、明日はゆっくり休もうね~
[PR]
by harenohiureshii | 2018-06-02 14:55 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

久々にぶち切れる

もうすぐ小4女児

以前から懸念していたが、親を自分の思うとおりに
うごかせると勘違いしている節があり、

親とこどもは対等でない
こどもは保護者のルールで一定年齢まで過ごすこと

と教えてきているつもりだった。

だが、それはこちらがそう思いたいというだけで
こどもは
何もわかってない、つまり自分の都合のよろしくないことは
理解したくない、認めたくないということだった。

上の2つは理解できなくても
自分ができてないと認識する、認めることをまずしてほしいが
やらない。

わたしは、自分の親に子供のような振る舞いをしたことがない。
はらわたが煮えくり返るようなことを言われたとしても、
3年4年のころは言い返しなどしたことがない。

だからそうしろとも思わないが、
自分の親に比べてはるかに手をかけている事実。
それがわがままを助長する事態になってるのだろうか。
調子にのっていてもそれがなんだ?という親も多いんだと思うが、わたしは許しません。

本当に怒りが湧くとはこういうことだと思いました。
そして我が子を恐ろしいとも思い情けなくも感じ。

育児に自信がある方には見えてないのかもしれませんが
見えちゃいましたね。
人間同士なんだから親子でもいろいろある。


うちの子は信じてあげたい、とか。

わたしそういうの、言えない。

わかろうとすればわかる話。
春休みの課題です。
夫は父親でありますが、あやつに何か期待するとひどい目に遭うのであてにしてません。

転勤でめんどくさいだけです、
期待されてないので頭使って自分のことはそつなくやれとしか言いようがないかも。

早いうちに懸念が確信になって良かった。
距離を置くことがお互いのためであり、成長させることにつながるかもな。
わかりたくないことはわからせなくていい。
それもそうかもしれませんが、中学受験をしたいとまで自分勝手に言うのであれば、やはり親の言いつけは守る、これ鉄則ですね。
受験に関わらないなら、そこまで云わないけど。
とにかく親の労力が半端ないのだから、勝手はさせられない。
私は子供の召し使いや奴隷ではありません。
[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-31 17:01 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

今、わかってなくても

昨日のブログで、子どもは発言の意味や、それについて回る努力が分かってないと

書きました。

では、わかってないからといって、
もーめんどくさいし、言ったことやらないじゃん!
と、親が子供を手伝わなくていいのか?

いい悪いじゃなくて、
その親の出来る範囲で、無理なく手伝えたら、イイね。
やるにも程度があるというもので。

べったり付き添う必要=親に無理を強いる

なので、子供がやるやると言って
その意味=どんな苦労があって、どうやらなきゃいけないかを
今、わかってなくても


私は、(あくまで私は、ね)
ある程度は、体験させていくことは大事と思っています。
ピアノのコンクールなんかねー、失敗も多々あるし、
そのたびに親子で、どよーんとしたもんです。

失敗して良かったんです。

その次は、って子供が奮起していくところを見れるのは
挑戦させたからだもんね。

傷つかないように、失敗させないように、危険回避させれば
成功体験ばかりで、一見いい思い出のように思います。
失敗がトラウマになっても困るし、とかフォローが難しいって言いますけど、
子供って、ちゃーんと立ち直る力、柔軟性を持ってます。
どの子にも、あると思うんだけどな。

親のほうが、子供の失敗に耐えられないケース、多いんじゃないかな。
だから、自分のことのように頑張る。
子供は、それをみて、すんごいプレッシャーになると思う。
だからこそ、親はそんなのはいつかできるようになる、
早いうちに挑戦はしているけど、今、ダメだし食らってもいいんじゃない?
早いうちに挑戦したいと言ったあなた、言うだけ前向きってことだよね。

今、わかってなくても、

いつかわかってくれると思いたいです。

そんなことで、結局は手伝う羽目になるんだけど
いろいろと挑戦をする旅をすることにしました。

旅は時間との闘いです。
早く早くといって育てない、という意見もありますが
自分の好きな時間を作るためには、目の前にあることを
さっさとする、それが優先順位第1位です。

ショパンのノクターンも、ベートーベンのソナチネも
練習する時間が欲しいでしょ?
発表会までまだまだって思っていても、春はすぐそこだよ)^o^(

ま、これもいつかまた好きな表現で弾けるんだろうけど。




[PR]
by harenohiureshii | 2018-01-22 17:57 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

わかってないんだと思う

a0227531_22072447.jpg


寒かったし途中で晴れていたのに雨が降ってみたり、
へんな天気です。

子供って、こうしたいとかやりたいとか、
自分のやる気みたいなものを口にはするんだけど、
それに伴う
地道な練習とか努力って、
わかってないんだと思う…


塾にいきたいとか
勉強で言ったとしても、
漢字を丁寧に書けと百万回言われても
なぐり書き。
それでどうやって、塾行くの?

ピアノのコンクール出たい、、については
取り出し練習や教本真面目にがんばれという意味を
説いたとしても、
流し弾きかたいして練習をしようとしない。

こういうのを励まして伴走してとか

言うんだけど

はっきり言って、疲れるし
見てみないふりしたい。
年齢なりに学校に行き、成長してるよ、大丈夫、と
思ってるから、余計にめんどくさい。


大人でもそういうことできない人いるし。
やる気もない人いるし。

どこまで寛容に大きな器で子供を見守れるか、
自分のいたらなさを直視できるのか。
大事なことだけど、無理してまでやらなくても
いいと思う。

その子の生まれた家庭の環境だったのだ。
この母親
この父親


子供は悪くなくて、親が悪いわけでもなく
なんだか成長段階と学びたいものの間に
急かさなくてはならない感じ、早期教育?がある。
多少の無理をさせるのは、才能開花させるようでいいみたいだけど
誕生日が遅くて幼い、小さい子供は、開花せず蕾で落ちるかも。

親子ともに
無理が一番良くない。
同じことをぶつぶつ言いながらでも
結局は手を出すのが親なんですけどね。
美化しないことです。



[PR]
by harenohiureshii | 2018-01-21 22:06 | 教育・塾・学校 | Comments(0)
小学生の子供に
親のいうことを聞けるか?とたずねれば
聞ける。という。

しかし、ダメだということをやり、こうしなさいということをやらない。


せめて、そうしなさい。ということさえも。


時間とともに解決するのかもしれませんが、
我が子の場合、親を好きに動かせると思っている節があり、思うように行かないと大変なぐすりを起こします。
3年にもなってです。

自我が出てきたのでしょうが、良い傾向ではないです。
やはり、親の言うのが今は正しいと思い、行動してほしい。
いつか親の言うことなんて無視して良い日が来るのにな。


[PR]
by harenohiureshii | 2017-10-07 23:49 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

宿題を片付けるのだ

夏休みの宿題に泣く後半は避けたい。
なんと言っても、自分が怒りたくない。
穏やかに過ごしたいのですが、自立してないゆえに
日常生活するのが、とろいし要領悪い子には強く当たってしまいがち。

これってすごくすごくストレスだし
できる人、子、からすると、バカみたいですよね。

というわけで

自由研究から手を出しました。
手伝う程度で、あとは子供がやれる内容です。
今年は植物標本です。
うまく乾燥できるかな。


明日は、作業的なものをこなしてもらおう。

時間が余ることはなさそうですが、後でバタバタは怒りの原因になりがち。
要注意(>_<)
[PR]
by harenohiureshii | 2017-07-24 22:51 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

今週も頑張ろう

近頃、私ってどうしてこうなんだ?
反省して、こうなろうとかここはこうしなきゃと
思ったり、落ち込んだり、するんです。


また同じことをしてしまう

一人ならいいんです。
子供が絡むと、感情を触発される‼

夫は、ほとんどのことにおいて
気にしない人
悪気なくあつかましいところがあり、鈍感

見た感じは私の方が厚かましいようだけど
違うな。


思ってることの半分できたらいいんです。
若さゆえの根拠のない自信に溢れていたとき
育児をしていたら、また違っていたのかな


優しさの連鎖ってあると思う。
仕事で疲れても、その間に頑張って塾で勉強してたんだ…
偉いね~と優しくなれる。

でも、家で自分がない状態でいたら
塾でこれしか進まなかったのか?明日の準備してない、とか
つつくことばかり言う。

私のフォロー
友達と楽しく話す、趣味、サポート、等々受けれたら
家族にも優しさを与えられる。

涌き出すような無限の愛って持ってる人はいるのかもしれない。
私は、枯渇してるかな

今が転換期です、本当に身を持って感じるなー

学習能力のない自分でも
今日こそ、と粘り強く生活しよう。

こんなときに、金魚がやられたり、子供の怪我、
車をホームセンターでゴツ‼塗装のところじゃないから大丈夫だったけど。
人じゃなくて良かったです。
気を付けなきゃいけないなー



[PR]
by harenohiureshii | 2017-05-29 10:48 | 教育・塾・学校 | Comments(0)
子供は小学3年生なのですが、たぶん今できない生活面のことは
6年生になってもできていないと思います。
物が落ちていても、またいでスルーするとか
帰宅した後、帽子を玄関にしまわないとか、
勉強に取り掛かる以前の机の片づけに15分以上かかるとか、
だらだら漢字の書き取りをして、挙句に間違った漢字をノート1枚書き続けるとか。
ま、簡単なルールをひとつひとつできるようになったね、
なんてことは、
年長のころからありませんよね。
むしろ、年中のころのほうが素直で、真面目にやっていたかもしれない。


まだ、3年生、とか言う言葉は大間違いだと思います。


なぜそう思うか?

学校関連の行事で、高学年のクラスにお手伝いに入ると
ほんとうに身のまわりのことができない様子を見かけます。
落としたものを自分で拾わない、こぼした墨汁を拭いてもらって当たり前、とか、
自分の子供ならただじゃすまないぞ、みたいな光景をよく見かけたから。
一人しかいないと、いつかできるんじゃないかなと幻想を抱いていました。
でも、できないんだな、と悟りました。

子供を怒っても無駄、言い続けても無駄、という人がいて、
もう大学生なんだけどやっぱり身の回りができないままで、と言います。
それって、ダメだった例ですよね。
そうなってほしくないんだってば。
自分の子がダメだったからと言って、無駄ってひとくくりにするのは違う。

怒ればいいってもんじゃないこともわかる。

だからといって、やろうねーとかよいしょしてやらせるもんでもない。
出来タネ出来タネってその年齢で当たり前にできることを、褒めようとかもおかしいと思う。
自分を振り返って、子どもの生活に支障が出るような家事をしているとも思えないし、馬鹿丁寧ではないけど、そこそこ片づけもしているはず?だと思うのに。

しかもね、子供の勉強を時々みつつ、洗濯たたんだり、片づけたり、床拭いたり、なにか働きながらだから、親がテレビ見てお菓子食べて、やれやれ!と怒っているわけでもないのに。


なんか、やってもらって当たり前だと思っているのかなと悲しくなりましたね。


なぜこのネタかというと。
2年生の漢字が怪しいので、さっき、書き取りに付き合いました。
かつて、自宅で3回以上言っても書けてない字がありました。
それは、「かいが」です。
絵画コンクールで賞をもらった。というところでヒントもあります。
しかも、絵、も、画、も難しい字じゃないよね。

いつまでたっても書けない。読めてもないのかもしれない。

その都度、もう間違わないように練習しようと声掛けもしました。
怒ってないし。
それじゃあ、全然真剣にならないんでしょう。
響いてないんですよね、やろうと思わない。
痛くもかゆくもないし、それが書けないからってどーっつことない、
そんなのかけないと恥ずかしいだなんてプライドなんてもんもないんだから。

で、書けないなら書けないでいいんだけど(だって私の人生じゃない)
その姿勢に対して、雷を落としました。
特大どころか、ブラックホール突入!!クラス。

子供の性格が、出来もしないのにやるという気質があり、
塾に行って、出来もしないのにそこにいるだけが大好きだった。
塾に戻りたい気持ちがあるのなら、こういう事を塾で習っても家でおさらいできなきゃだめだ、と家庭学習の大事さを痛感したためやめさせました。
塾で講義を受けたことを家でやらなければ、お金を落としにだけ行く、労力を無駄に夜使う、親も送迎でぐったり、ほんと、それだけ、になります。

勉強は、学びたい、伸びたい、それが大事で
やっている気持ちになるだけでいいわけではありません。
その親の気持ちをわからせたいとも思っています。

がんばってもできないならいいんです。
100点じゃなきゃダメだと言ってない。
50点なら50点をとる努力をしたか。
塾に行きたいだとか、~したいだとかをよく「かっこつけ」でいうのかわかりませんが、やるといったことをやってみてほったらかすことは、親が振り回されることになるので最近は、ピアノ以外手を広げないと決めています。
それだけでも中途半端になりそうなこの頃。


漢字練習をしていても、子供が思うことを想像するに、
「枠がある、書けと言われている、なぞれと言われているから書く。
読み方はいくつかある、それがどうか考えもせず、ただ写す。」
やった、やった、私やったもん!
結局は、これなんですね。
馬鹿。

バカって言ってはならないけど、
漢字練習のしかた、は懇切丁寧に説明はしているんですよ。
それを聞きたくない、分かりたくない、嫌なことをしたくない、んです。
それが子供ってもんだと、私は譲歩しない。
やろうとすればできるんです。絶対。
ただ、やるだけの動機が要りますね。
親が怒るからじゃなくて、自分でやらなきゃという動機。
私ね、親が怒るこわい、やる、だと高学年になって嘘ついてみたり
いいことないと思うので、それを動機にしたくない。
塾だってそういう説明はするのでしょうが、出来ないこと前提に、
宿題山ほど出すところがあったり、ハイパークラスの子はできてることを前提に応用ばっかり授業をするっていう風になるのかなって。
それはいつか潰れちゃうと思う(うちの子は)

宿題の漢字の時間を、もう練習したくないしここで全部覚えられるものは覚えるという気持ちを持つ、ということを今から身につけられない?
実はそれが効率的なんだと思う。
やればうちの子、そのやり方、出来ると思う。
だって、ピアノではできるんだもん。
意味は分かるハズ。

ピアノで、ただ音を出せば練習になることはありえないと知っていて
漢字にも当てはめればわかるはずだから。

こんなことって、くだらないって取れるようなことですが、
一事が万事これです。

あ、ピアノにしても漢字にしても計算にしても
こんなに苦労して親が辟易、疲労と思わずに、そつなくこなしていくお子さんもいるような気がする。
上に兄弟がいる子とか、なんだろう・・生まれつきテキパキしてる子?
でも、うちの子はそうじゃないのだから、そのように向き合わなくてはなりません。


お母さんは、いい人でもなんでもない、嫌なものは嫌だし
子供は元気に登下校してくれていればそれでいいと思っている。
どんな人生にするか自分で決めて行けばいい。
お金がかかる塾も必要なら行かせることができるが、不要と判断すれば取り上げる。
それは音楽も同じ。

ピアノも勉強もやってくれと頼んでない!
それで、ケンカの種となり怒ってばかりになることは避けたい。
やりたいことに手を差し伸べてやりたい、それだけ。
やりたいならやり遂げないと。


何度となく子供に言い続けていることです。
うちの子、こういわれてつらいんだろうか?
私、親からこういわれたら幸せだっただろうなと思うからこう言うんだけどな。

















[PR]
by harenohiureshii | 2017-05-06 12:28 | 教育・塾・学校