カテゴリ:教育・塾・学校( 15 )

1週間

子どもの塾、新学年が始まり1週間がたちました。

1週間ですよ、すごく長く感じました。
疲れました。

これになれていくのでしょうか。

やること山積みで、多少のどつきも入り乱れつつ、子どもも慣れないから
大変さに驚き、やってるつもりがとろいんだなとわかり、手探りどころか
何がどこにあるのかわからないような暗闇じゃん!

宿題出すのも間違えたものを提出してみたり、確認する余裕すら
なかったんでしょうねぇ。
どうしようというので、自分で塾に電話をして、事情を話してごらんと言いました。
私がいうことは簡単なんだけど、電話で要件を告げることがそろそろできてもいいかと
思ったんです。
もじもじしないで、自分がやらかしたことは伝えて改善していかねば。

電話を聞いていたら、塾の先生、どうしたん?と
やさしく叱責せずに、じゃああした交換しようといってくださったそう。
さすが親とは違って、何やってんのよーみたいなことは言わないよね。
ありがとうございます。

親も子もなれないし疲れるから、イラっとしがちですが、
穏やかに穏やかに過ごしていきたいと思います。

今日は外食行きたい・・・・
疲れたわん~

by harenohiureshii | 2019-02-09 18:18 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

あと2年なんだなぁ

中学受験2019、各地で本番は終わった頃ですよね。
後に続くものとしては、本番頃に病気で寝込んでおり、2年後心配だなと思っていました。

4年の頃は、3年の長丁場だと思っていましたが、あっという間に4年生が終わりました。
5年生はもっと早そうです。
家にいる時間がめっちゃ短くなりますもんね。
塾で夕食を食べる日も出てくるという・・・

塾を決めるとき、弁当の有無とか拘束時間をあまり考えたこともなくて
ピアノも曜日は自由に変更できるから気にしておらず、
とにかく集団塾ではありつつも、個人の指導がなるべくできるところがいいなと思って
決めました。

ちなみに今は二つ目の塾だけれど、結局のところ、
入って見ても子どもにしかわからないことばかりで、あとは流れに乗っているだけです。
乗れている=違和感がない=それでうまくいっている
のかと思います。

一つ目の塾は、授業は良かったんだけど、テキストの相性とか宿題とか担当の先生からの
コメントとか、いろんなことが決め手に欠けるなぁとちょっと違和感を持って、
だんだんそれが膨らんできて、ほかにも駅周辺にあるんだし、と気楽に転塾しました。
気楽にとは言うものの、テキストが○付けする私が好きだった、というのが一番の理由です。
テキストなんてどこも同じかなと思っていたら、違うんですよね。
私は字数が少ないのが好きなものでして。

どこの塾でも志望校に合格する生徒はするのだし、しない子はどんな塾だろうと個別に入れようと
落ちてしまうんだろうなと思うのです。
だけど、親はできる限りのことをしてあげたいと思うものだから、あのときああすればとは思いたくなくて。

今のところ、このくらいできそうっていうところまでは家で勉強してもらい、
難しいと確定してしまうところは、塾で質問をしてくる方法で考えていますが、
それがうまくいくのかはわかりません。
質問受けをうまくできる子ではないからです。
受け身なんですよね・・・しっかりして話をどんどんしていく子じゃないの。
モジモジもじこさん

夏休みのハードスケジュールが終わったところで、遠方の景色が見えてくるような気がします。
本人の目の色も少し変わってくるのかもしれませんね。
今は、まだ自覚なくて当たり前・・・
私も毎日の健康管理とか弁当!とかに気を取られていて勉強を細かくはみれてません。


子どもの自覚に任せる、って言い方はしません。
任せられない、こんなこと。
先が見えているなら子どもじゃないし、見える子もいたとしてもうちのこはそうじゃない。

そして、自分でやろうとしないものはやらないのだから、と言うと
何のために自分がいる?ってことになるよね。
仕事があるとかないに関わらず、親なんです。
しつこくつきまとうことではなくて、付き添ってやろうよーと思えるようになってきました。
まだまだ、そんなの自分でやってよーと言いたくなること山積みだけどね。

昭和ど真ん中に育った私は、平成流の育児に慣れた頃、時代が変わるんだなって・・・
戦争だけはない、時代でありますように。



by harenohiureshii | 2019-02-07 20:04 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

早くしなさーーーい

昨日の私、

早くしなさい

を何回言ったでしょうか・・・・

今週は、塾の予定や宿題が押せ押せなので、今日これをやってしまわねば
絶対おわらないよ、を3つくらい抱えています。

そんなときに、ピアノ教室を入れており、車でばたばたしつつカウントしてる私に
もっさらもっさら動いているのか、急いでいるのか甚だ疑問な子供がいて、
なんか言いたくなるんですよね、
早くしなさいよ、って。

一回言えばわかるでしょうが、言いたくなるんですよ、この子見てると。

それっていじめでしょうかね?

優先順位がこうだと口で言っても、関係ない学校のプリントがないだとか
なんで今それやってんだよ?
ばかじゃん?と猛烈腹が立つ私。

で、怒号が飛ぶ、疲れる、ってことが久々昨日ありました。

学校生活だけならなにも急かすことも怒ることもないけど、
塾が、押してきます。

宿題も出せばいいっていう提出をしていると、その単元の理解が抜け落ちます。
あとで自分の首を絞めます。
お気楽に取り組めるスケジュールじゃないし、睡眠時間にも配慮がいるし、
親がお気楽なフォローをしていたら、クラス落ちのボロボロになるでしょうよ。
なんの謙遜も致しません・・・ホントの話。
でも、どこかに必ず合格したいから、お気楽なんて言わずに
がんばってる宣言をします(^^)/

お気楽もよかろう、そう思おうが思わなかろうがやることは一緒なら
いっそ、お気楽に勉強好きだから塾通いしている・・・と割り切る心が
菩薩かもしれん・・
私がお気楽に受験を見ているのはこの子が大学受験のときではないでしょうか。
もはやできることはあまりないもんね、親が。


昨日は、なんとか課題は終えられました。
自転車操業。


土曜日は学校行事(自由参加)をたのしんでおいで、とかゆーてるのが
いけませんかねぇ・・・
そういう時間も惜しんで、勉強とはいわず、嬉しそうに参加するといっているので
その時期ではないのだと思います。

そもそも、土曜日は私が勉強会なので学校行事に行ってもらえると助かるなと
思っていました。
家にいて、夫が子供の勉強をみるのもいいですが、あまりいい家庭教師にはならない夫です。
(向いていない)

インフルエンザにならずに、風邪をひかずに、とにかくルーチンをこなせたら
この冬はいいわね。
今日は、やさしいお母さんでありたいものです(^^♪







by harenohiureshii | 2019-01-16 12:21 | 教育・塾・学校 | Comments(2)

計算力

こどもと塾の宿題をやりました。
国語、壊滅的。
計算力、私の方が遅かった。ショック。

算数よりも国語がぐずぐずです。
それでもやっつけで問題解かせると、のちのち
崩れてしまうのでしょう。

地道に基礎からまいります。


by harenohiureshii | 2019-01-14 23:13 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

塾スケジュールにひるむ

冬休みの過ごし方を、しばらく前にどうしようか書いていました。

その後、東京に行くなら新幹線乗ればすぐだとか、いろいろごねごねつぶやき、
なんとかする自信があったので、そのままにしていました。

4年最後のテストもあと1回になり、
5年から授業が増えると知り、帰宅時間も遅くなると。
弁当は、週1日だけで良かったものが、行く度に弁当が必要になってる(^^;)

冬講習は
大人の正月休みくらいは休みですが、それ以外は短時間いくでしょ・・・
となると、遠方に行き、宿泊するほど遊べないじゃない?

それに、講習で習ったことの勉強は家庭でしなくていいの?
とか、行きっぱなしで夏講習は確認テストひどかったよね・・・
暑いせいにして、皆勤しただけでがんばったねとかゆーてました。
それでは、もういかんと4年も終わりになれば、気づくわけで。

スケジュール、手帳片手に時間を見つけるの大変だな・・・
嘱託勤務の自分はまだなんとかなってるはずなのに。

書いていたら、ふつふつ思い出すことがでてきたので
書こうかな。(自分の覚え書きも込めて)

これ、受験に対する考え方は人それぞれだと思っている前提で書きますが、
今までの経験で、自分が違和感を持つ考え方を受け入れて過ごすことは、
なんともいえない不愉快を引き起こすと知りました。

自分の仕事柄、聞いたことは受け止めなくてはならないので、
その訓練をしているせいか、会話の違和感に対する耐性はあります。
どんな相手にも思いや考え方があると日々忘れないように気をつけているので、我慢癖がついているのもあります。


で、も、

自分の心の声に耳を澄ますと、今私が求めていることって、
「お互いに子どもが行きたい中学校に行けるようフォローがんばろうね」
とねぎらいあえることなんだと。

我が家は、私立中学を受けることを前提に取り組んでいる。
受けるかわかんないとかは家が全焼するとか特別なことが起きない限りありえない。
受けさせる限りは全落ちさせないフォローを考える。
その代わり、勉強するにあたっては、約束事を作って子どもに守ってもらう。
(受けるのは受けるにしても調子に乗りすぎたら、自己学習で
受験しなさいよ!塾は辞めてもらいますからと厳しく言うこともあるよ)
まず、子どもがぜったい私立に行く、受験すると断言している。

だから、偏差値が思うようにならないなら私立は受けない、
そうなったら高校受験にチャレンジするから公立でもいいと思ってる、

こんな考えは、親子で、口にも話題にもしない。
小学校の友達やほかの方がもしそう思っていたとしても、会話の中でくみ取って、深入りした話をしなければいいのです。
受けるか受けないかわかんないだとかお気楽に取り組んでいるとか、そんな話を聞いたところで、勉強の士気が落ちるんじゃないんですよね。
その話はあなたとしない、ノーウェイということだけなんです。
話をしたければ、子ども以外の話題をすればいいでしょう。

半年ほど、自分の受け止め力が足らないのかなと省みて、理解するための質問もしたり、突然バッサリ関係を切る方がいるけれど、それは今までの関係もあるのだから人として優しくない。
だから、こどもの話はノーウェイと告げたのに、
「わかったよ」が・・ない・・はぐらかしやとぼけはいらんっつーの。

ノーウェイ!!


話それました。

スケジュールでしたね。

結局、もう一度行ってみたいというキッザニアは塾年間スケジュールを確認しながら
春休みに予約入れました。
冬休みは時間を見つけてニフレルに行く、ここまで決めたところで終了です。
キッザニアも甲子園より、豊洲の方に行きたいといいましたが、
ディズニーやお台場、ムーミン(飯能)と絡めて遊んでくる空きは見つけられませんでした(;_;)


塾の勉強は行ってきただけでは身につかないので、家庭学習は必須。
そこの兼ね合いが難しいですが、私がアバウトにでも進捗を見ていかないと
子どもは・・・お花畑で踊ってる・・・・かもしれない(^^)







by harenohiureshii | 2018-12-18 15:40 | 教育・塾・学校 | Comments(2)

夕方寝るなんて

中学受験に挑戦する子ども、ちょっと寝不足が続いていて疲れた様子。
ベビーの時から昼寝はしていましたが、2歳には昼寝卒業して、8時に寝る12時間睡眠の
ロングスリーパー。

ちょこちょこ寝るタイプではありません。

それが、学校から帰って5時から7時まで2時間寝てしまった。
電池が切れたように。

そういうタイプでもないのに、なにー??
寝ろ寝ろと言っても寝ない人がおかしい。
起きてきたときの顔と言ったら、もうすっきり。
キラキラの元気!

そうね、疲れたら寝てください。
私も仕事や家事、隙間に読書したいとかなにやらで、寝ないことが多いです。
でも、それって効率落としているんだとも思う。
反省しました、お互い疲れたら寝ようね。

子どもの頃から昼寝なんて、私もしたことないわよ(-_-;)
これからはそれもあり、いい経験しました。


by harenohiureshii | 2018-11-30 14:58 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

夫の出番

生活していて、ここは夫、ここは私、と分担しているわけでなく、
なんとなく、どっちががやるという形をとっているので
じゃあ・・・と時間に余裕があるほうがやるになります。

家事は私、ですね。
主に。

こどものスケジュール回し・・・これも私。

二大柱がわたしじゃないの

あぁ、でも、世帯収入のほとんどは夫の収入なのでその係ですか。
稼ぎ係の場合、他に何もしなくていいわけでもなく、やっぱり
出番は作ってあげないとね。

自分でこれやるあれやるって言いだすのは、(あぁ暇人の言いだしそうなこっちゃ)
なんだけども、言葉を変えて、
これをやる時間がないからやっておいて、と仕事を渡すことです。

これから、なかなか忙しくなるけれど、
分担を、やるって言わずに、頼んだと押し付けるのはいいことかと思います。



by harenohiureshii | 2018-06-10 23:36 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

晴天下にて

最後の競技をみて、私は先に家に帰宅しました。
紫外線が殺人的な本日、目がやられちゃったよー
サングラスしていたのになぁ

よくも悪くもなく、いつも通りの運動会。
走りもの2競技はビリでしたが、
団体演技は頑張ってましたね

さて、明日はゆっくり休もうね~
by harenohiureshii | 2018-06-02 14:55 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

久々にぶち切れる

もうすぐ小4女児

以前から懸念していたが、親を自分の思うとおりに
うごかせると勘違いしている節があり、

親とこどもは対等でない
こどもは保護者のルールで一定年齢まで過ごすこと

と教えてきているつもりだった。

だが、それはこちらがそう思いたいというだけで
こどもは
何もわかってない、つまり自分の都合のよろしくないことは
理解したくない、認めたくないということだった。

上の2つは理解できなくても
自分ができてないと認識する、認めることをまずしてほしいが
やらない。

わたしは、自分の親に子供のような振る舞いをしたことがない。
はらわたが煮えくり返るようなことを言われたとしても、
3年4年のころは言い返しなどしたことがない。

だからそうしろとも思わないが、
自分の親に比べてはるかに手をかけている事実。
それがわがままを助長する事態になってるのだろうか。
調子にのっていてもそれがなんだ?という親も多いんだと思うが、わたしは許しません。

本当に怒りが湧くとはこういうことだと思いました。
そして我が子を恐ろしいとも思い情けなくも感じ。

育児に自信がある方には見えてないのかもしれませんが
見えちゃいましたね。
人間同士なんだから親子でもいろいろある。


うちの子は信じてあげたい、とか。

わたしそういうの、言えない。

わかろうとすればわかる話。
春休みの課題です。
夫は父親でありますが、あやつに何か期待するとひどい目に遭うのであてにしてません。

転勤でめんどくさいだけです、
期待されてないので頭使って自分のことはそつなくやれとしか言いようがないかも。

早いうちに懸念が確信になって良かった。
距離を置くことがお互いのためであり、成長させることにつながるかもな。
わかりたくないことはわからせなくていい。
それもそうかもしれませんが、中学受験をしたいとまで自分勝手に言うのであれば、やはり親の言いつけは守る、これ鉄則ですね。
受験に関わらないなら、そこまで云わないけど。
とにかく親の労力が半端ないのだから、勝手はさせられない。
私は子供の召し使いや奴隷ではありません。
by harenohiureshii | 2018-03-31 17:01 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

今、わかってなくても

昨日のブログで、子どもは発言の意味や、それについて回る努力が分かってないと

書きました。

では、わかってないからといって、
もーめんどくさいし、言ったことやらないじゃん!
と、親が子供を手伝わなくていいのか?

いい悪いじゃなくて、
その親の出来る範囲で、無理なく手伝えたら、イイね。
やるにも程度があるというもので。

べったり付き添う必要=親に無理を強いる

なので、子供がやるやると言って
その意味=どんな苦労があって、どうやらなきゃいけないかを
今、わかってなくても


私は、(あくまで私は、ね)
ある程度は、体験させていくことは大事と思っています。
ピアノのコンクールなんかねー、失敗も多々あるし、
そのたびに親子で、どよーんとしたもんです。

失敗して良かったんです。

その次は、って子供が奮起していくところを見れるのは
挑戦させたからだもんね。

傷つかないように、失敗させないように、危険回避させれば
成功体験ばかりで、一見いい思い出のように思います。
失敗がトラウマになっても困るし、とかフォローが難しいって言いますけど、
子供って、ちゃーんと立ち直る力、柔軟性を持ってます。
どの子にも、あると思うんだけどな。

親のほうが、子供の失敗に耐えられないケース、多いんじゃないかな。
だから、自分のことのように頑張る。
子供は、それをみて、すんごいプレッシャーになると思う。
だからこそ、親はそんなのはいつかできるようになる、
早いうちに挑戦はしているけど、今、ダメだし食らってもいいんじゃない?
早いうちに挑戦したいと言ったあなた、言うだけ前向きってことだよね。

今、わかってなくても、

いつかわかってくれると思いたいです。

そんなことで、結局は手伝う羽目になるんだけど
いろいろと挑戦をする旅をすることにしました。

旅は時間との闘いです。
早く早くといって育てない、という意見もありますが
自分の好きな時間を作るためには、目の前にあることを
さっさとする、それが優先順位第1位です。

ショパンのノクターンも、ベートーベンのソナチネも
練習する時間が欲しいでしょ?
発表会までまだまだって思っていても、春はすぐそこだよ)^o^(

ま、これもいつかまた好きな表現で弾けるんだろうけど。




by harenohiureshii | 2018-01-22 17:57 | 教育・塾・学校 | Comments(0)

アンチエイジングとよりより第3ステージへの日記


by shibaco
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る