人気ブログランキング |

カテゴリ:金魚( 14 )

るんはどうなったのか

今日は友達と下校せず、一目散に帰宅してきた子供・・・
それほどまでに、るんが気になっていたとは。

昨晩も、るんのことで泣いて泣いて、腫れた顔で学校に行きました。

そして、やはり深夜にはバケツで星になっていたと思われるるんですが
うろこがおかしくなっていたり、この暑さの中でも、形を保って、
魚の表情など気にしたこともなかったけど、穏やかな顔をして・・
逝っていました・・・

またもや、泣いて泣いてね・・・
そして、雨が降ってきたのですが、るんを土に埋めに行くときは止んで、
終わると雷、雨・・・
るん、見ててくれてるんだね!絶妙のタイミングでした。

それを話すと、また泣くし、どうしても、るんのことは・・・まだ話題にだすとウルウル来るようです。

そこにいるのが当たり前だった。
いざいなくなった。
やっぱりいてほしい、生きていてほしい、思いが届かなかった。

いのちって、一つしかなくて、はかないものだ。
それがわかっていても、体験しなくては、本当にわからないのだから、
るんは命の教えをしてくれたんだよ(;_:)

私も、かなしいけれど、そういう気持ちが育ってきているこどもを見て、ことばにできない何かを感じた日でした。
るん、ありがとう

また生まれ変わって、うちの金魚になってほしいという希望はかなえられるのかわからないけど、どこかで会いたいね。という子供の希望だよ!(^^)!



by harenohiureshii | 2018-08-31 22:40 | 金魚 | Comments(0)

金魚のともだち

転校するときに、旧居から一緒に連れてきた金魚、
2年半、外の水槽で生きています。
オランダです。

今日の朝、様子がおかしいと引き上げて、塩で応急処置をしましたが
子どもが帰宅するまで持つかなぁと心配しつつ、見ていました。

夕方、子供が帰宅すると、瀕死な状態でも呼びかけると動く。
心があるのかも、と思ってしまう。
餌が欲しい時だけ、ふらふら泳いで踊っていたわけでもなさそう。

子どもがなんだかうまくいっていないとき、金魚に話しかけたり、存在そのものに癒されたりしていた・・
朝、そこにいるのが当たり前で見送ってくれていたんだな、
帰宅時に向かえてもくれていた・・・
この家に来て、それが当たり前だったのに、その存在がなくなると
ぽっかりとさみしくなって、穴が開いたよう・・・

名前もあった。
「るん」

名の通り、いつもるんるんと明るく泳いで、餌を食べるのが大好きな張り切り金魚であった。

るーん!といつも呼びかけていた低学年の子供を思い出すと、なんだかほほえましい・・・

時間が経つってこういう事でもあるんだな。

今、瀕死の状態でバケツにいますが、普段世話をしていたわけでもない子供が
やっぱり悲しくて、泣いて泣いて、思い出しては泣いて、こちらが
気の毒になるくらい涙流しています。

私も、庭の水やりをしたあとに、何気なく「るん」に話しかけて癒されていたんだと思うと、やっぱりさみしいな。
泣けてきます。
新聞配達のおじさんも、るんを毎日見て癒されていたはず。
よく生きてるなー暑いのにっていつも言ってくれてたっけ。

夜は越せないと思うけど、金魚と過ごした2年半は、こどものかけがえのない思い出になると思います。
私にとっても。

さて、明日はどうなることか…







by harenohiureshii | 2018-08-30 19:50 | 金魚 | Comments(0)

金魚 突然のお別れ

昨日、金魚すくいで先週のお祭りから我が家にやって来た
オランダがからすの餌食になりました。
病気を心配してバケツに別飼育していたら、軒先で跡形もなく。
からすがつついた跡があるのです

今朝、引っ越しも共にして暑さ寒さを乗りきった金魚が
やられていました。
蓋があり、大丈夫だと思って油断しました。
からすの知能が高くて驚きました。
そして、気持ち悪いです。

近くで見るとやっぱり気持ち悪い。
全部黒で嫌み嫌われるのわかるような気がした。


そして、街角で娘が風で倒れた店頭の広告で怪我をして転び、
右肘を強打しまして、ア‼骨折?と思いましたが
夕方には大丈夫といい、ホッとしました。
思わぬけがで
精神的なショックがおおきかったのかも知れません。


いろいろ薄気味悪いことが起こり、気を引き閉めたいと思います。
何かの厄をこの程度で済ませているならこれ幸いですよね。

いつでも平常心でいるのは、分かっていても
そのときになると難しいです。
歩道の自転車、歩きスマホ、運転中のスマホ、
危険物に囲まれた日常で、なるべく事故のないよう過ごしたいなと
願うばかりです。


疲れたなぁ~早く寝よう(-_\)
by harenohiureshii | 2017-05-27 21:31 | 金魚 | Comments(0)

金魚のその後

昨年の今頃、引越し前に金魚を飼い始めました。
オランダです。
その後、室内で飼っていましたが、頻繁な水替えなど
綺麗に保つのが大変になり、夏には外飼になりました。
30度以上の水でも、生きてたっけ・・・猛暑なのに。

今は、雪降る寒さでも、バケツの水が氷ろうとも
冬を越して、玄関先で生きてます。
餌もほとんど冬は与えていません。

今日は、2か月そのままにしていた水槽の水を
大半、交換しました。
放置しておいても、気温が低いと水がきれいなままだったので
むしろそのままのほうがいいと放置していたのですが、
さすがにゴミが下にたまっているので、人目も気になります。

水替えて、明日弱っていたらどうしよう~
いきなり何かすると、魚はおかしくなるって経験済みなのに・・
なんか心配。

子どもは、最初はとてもかわいがっていたのだけど
もう玄関先にいるのが当たり前で、世話なんてせず、
行ってくるねーと朝声をかけるだけデス。
まぁ、世話という世話もいりませんけどね。


by harenohiureshii | 2017-02-28 20:46 | 金魚 | Comments(0)

外飼いへ

我が家の金魚

ずっと娘の机の上で飼育していましたが、
とうとう外で飼うことにしました。

水替えで外、中、外、中、とバケツを持って行ったり来たり。
夏になると、水替えも頻繁だし、それが重労働に。

冬になればまた中に入れてもいいかと思いますが
今は、外にいてもらおう。

日影になるところで、直射や雨は避けていますが、
猛暑になった時、水温が上がるとどうなるんだろう。

だけど、手をかける限度ってものがあると思いました。



by harenohiureshii | 2016-06-22 21:22 | 金魚 | Comments(0)

新入り

a0227531_22595753.jpg


新メンバーの
マリーです。
名付け親は子どもです。なぜマリー?
たぶん登校でお世話になっている高学年の生徒が
まりちゃんだからかも。

琉金ということですが、丹頂みたいな頭。

長生きしてね
by harenohiureshii | 2016-04-17 22:59 | 金魚 | Comments(0)

元気な3匹です

a0227531_10394192.jpg
2月11日に我が家にやってきたオランダ3匹は、白点病と引っ越しを乗り越えて、元気に過ごしています。
日曜日に水槽を60センチに戻して、ようやくほっとしたところです。

ちっさい20センチ水槽にしていたのは、引っ越し後、どこに水槽を置くのかを決められずにいたから。
ろ過のための電源も必要だし、一度おいたら重くて動かせない、水槽掃除などのしやすいところ…と
頭を悩ませていました。。

娘は、勉強机の上がいいというのですが、水槽の横で勉強したり作業するのはどう??と思っていたのですが、仮置きしたら意外と大丈夫なようで(水槽がなくても何かを山積みにしている)思い切って机の上にしました。
狭くなったら片づけるだろう・・・と期待したいと思います。

水質も、濁りが出たら本当に面倒なのですが、水づくりの時点でバクテリアを入れ、1日ろ過を回した後に3匹を入れたら、まぁまぁいい感じに落ち着きました。
世話を必然的にしないといられないところに置いたため、娘にも手伝ってもらいたいと思います。


そろそろ1か月
by harenohiureshii | 2016-04-11 10:38 | 金魚 | Comments(0)

白点病 回復しました

今日の朝、るんを小さいクリア水槽にいれました。
これで3匹ともメチレンブルーから出られました。

よかった~

再発しないでね~


魚にも色素が染みついていて、えらやところどころが青く染まって怖い顔になっています。
だんだん取れていくんでしょうかね。

いちばんすごかったのは、朝、学校に行く前に
水槽の水に肘まで手を入れ、るんをすくってくれた娘。
私、素手つかみはちょっと抵抗があります。
何を恐れているわけじゃないけど、理由もなく生きている魚はこわい!

でも、躊躇せず恐れず、ほれ~~っ
と、金魚を捕まえる娘はすごいなぁ。
虫もそうなんだけど、怖がらない。
いいおばさんが、馬鹿みたいに虫が怖いとかキャーとかいうのは、見ていてほんとに見苦しい。
そういう人見ると、うわ~~ぁぁって思うので、そういう態度はとりませんが、虫は噛まれる?とか想像するので、見たらひるみますよね。

娘は、これは大丈夫、とか名前をよく知っていて、意外と物知り。
昆虫館とかそういうところに連れて行った甲斐があったあったんでしょうか。

幼稚園の先生方も虫に対してぶりっこな態度は一切取らず、園児の前で勇敢に捕まえて、手本を示してくれる場面がありました。
青虫やその他の観察会もありましたし・・・幼稚園の自然教育にも感謝かな。
東京の時なんて、そんなのほど遠かったもんなぁ・・・
カミキリムシみたいなきれいな色の虫も見かけないし、ばったも・・・いたっけ?

水槽を洗うとか、重たかったり危険な汚れ仕事まではまだまだ任せられないけれど、図書館で飼育の本を借りて読んでいるだけで、世界は広がってます。
(私も読むんだけどね、記憶力が違うんですわ)



by harenohiureshii | 2016-02-19 22:01 | 金魚 | Comments(0)

クリアな水へ

午後に、二匹は白点がなくなったので小さい飼育水槽へ移動させました。

ミックとあんこは、着色されてしまいましたが、白点が消えて良かったね。
小さな水槽はろ過ボーイですが、狂い泳ぐミックの様子が気になります。

るんは、頭に白点がひとつあるので、明日の様子を見て移動したいと思います。

るんはエサをよく食べます。
動きもはやい!

小さい水槽の水質が気になります。
昨日、バクテリアを入れて、ろ過はまわしておいたんだけど。


by harenohiureshii | 2016-02-18 20:29 | 金魚 | Comments(0)

メチレンブルー

メチレンブルー4日目

白点病の経過
by harenohiureshii | 2016-02-17 23:16 | 金魚 | Comments(0)

アンチエイジングとよりより第3ステージへの日記


by shibaco
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る