洋裁ブログでしたが、脱線してばかりのブログでタイトル変えました。


by shibaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ピアノ・音楽( 40 )

忘れていた、驚いた

夕方ピアノの練習をしていた子供に、
以前はこんな練習してなかったっけ?と言う話をしました。
ちょうど、バロックをしているので、その練習ってこうだったような?

先生が変わると、そして、曲も変わると、指導も変わるし、
目につくところも先生によってまちまちだと思うけど、
基礎の出来ていないところは同じです。

そこは、チェルニーやハノンでカバーしておいてってことかもしれないけど、
けれどね、
やっぱり、曲の中でもすこし取り出し練習はしないと、仕上がらないよ。
完成度上がらないよって、話した。

そこで、私自身が驚いたんだけど、
2年生くらいまでは、そういうのを横について、一つ一つ見てあげていたことも
あったんだよね。
レッスンも同席していたころだったし。
今は、もう見てみないふり・・・してるけど。
そして、それを当時は毎週、いえ、週に2回ほどこなしていた子供がいた訳で。

今や、時間がないを理由にして、そういう練習すらしようとしない。
忘れてしまったというよりも、したくないから忘れたい。
それならそれでいいのよね、だけど、グランド置かなくても、
指導受けなくても、それなら楽しみで楽譜見て、我流でいいと思うよ。

そこなんだよね・・・
ただ教本でまるをもらうだけでいいなら、もうその曲はまるでいいです。
でも、人前で弾こうとするのなら、まだまだです。
その違いで、上手下手が出来上がるんでしょう。
4年間のピアノ生活でわかったところです。

ちょっとその辺、自分でも子供の練習方法の粗さをスルーしていたことに驚きました。
結局、身につかないままです。
だけど、4年生になり、ヤラナイとダメなんだと思ったのか、
丁寧な取り出しを、ほんの少し、だけ、やってました。

練習を知っているのか知らないのか、先生に習ったことをやれるのか。
それはほんとうに、大きな違いになって現れます。
もう、前のようにしつこくやらなくても、すぐできるんだから、雑に弾かないようにしてほしいものです。

それにしても、上達した、と振り返って、音源を聴くと思うんですよ。
レガートの出来具合がとくに。
拍感とか・・・
(だれと比べてでなく、本人比ですけど)
細く長くでいいから、弾き続けていたら、指も動くでしょう。。
あとはセンスだけど、練習をぱったりしないとセンスではいかんせんどうにも。


チェルニー100って、そんなにつまらない曲ばかりでなく楽しい感じでした。
意外といいじゃないのー
ソナチネより、しつこくもなく練習曲の速さとして、きちんとひけば
初見練習にもなってます。

忙しくても、そばにピアノがある暮らしを手放してから、寂しくなっては遅いよ。
でも、私、それはいいません。
ピアノは強要されて引くものじゃないから。
絶対そう思う。
弾きたいと思わないと、あんな根性のいる楽器、苦痛になる!





[PR]
by harenohiureshii | 2018-05-19 22:15 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

発表会2018

先生が秋から変わったので、発表会が春になりました。

半年前より肩の力が抜け、目標設定が違う形になったので
本番への向かい方も違いました。

でも、子供の成長とともに、習い事との向き合い方も変わっていく。
見守りつつ、親の関わり方も変わっていく。
そういう時期に来ているのだと思います、

その姿を見続けられたことが幸せだと感じました。

中学生、高校生、大学生、と発表会に出ているお兄さんお姉さんを
目指して、続けることが大切かと思いました。

まぁ、機嫌よく弾き終えられて、体調も良く参加できて
良かったです。

祖父母も3年ぶりに孫の演奏を聴いて成長を感じたようで、
めっちゃ褒めてくれました。うれしかったようです。
祖父母から、ピアノを譲り受けたことから始めたピアノ。
そのおかげなんですよ(^.^)感謝。

[PR]
by harenohiureshii | 2018-04-30 20:55 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

ピアノの練習時間

やっぱり毎日1時間くらいかなぁ
その中でも曲数は多く、初見能力は落ちないよう配慮してます。

指導は録音させていただいてますが子供が活かせているかは不明。
活かしきれてないんですねきっと、真剣さがどうしてもコンクールでないので、出てこない。
致し方ないでしょう


自宅で聴いていて、ああやめたらもったいないなと思うとこまで来ました。

これから新学期が始まって、時間をとるのが難しいなぁ…
何しろ生活するだけでスローモーションなのでね(T.T)
[PR]
by harenohiureshii | 2018-04-02 21:30 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

満開です

a0227531_20101515.jpg


夕方の散歩になり、薄暗いですが
満開のさくら…夜桜

桜と記憶ってリンクしていることが多く、今年は春講習の記憶になるんかな。


風邪は治りぎみで、ピアノも毎日春休みは弾いています。
発表会の前なんだしね。
コンクールよりは気が抜けるけど、人前で弾くということにかわりないので、やっぱりいい思い出にしようよー。

ようやく聴いていて怒らなくてもよい練習ができるようになってきました。
中身っていうより集中度です。
もしかして、ある程度の言い聞かせやしつけをしておけば
年齢が上がればできたことだったのかも知れませんね。

今だから言えることかも。
グランドピアノは文化教養のために与えたと思って
もったいないとも思わなくなり、ただ狭いから何とかしたいなーって思ってます。

狭いのよ、部屋がつぶれる。


春休みはあっというあっという間です。
[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-29 20:09 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

覚書 音楽編

この土日は、音楽教室の発表会の準備、本番でした。

ピアノを3年習った延長にあった教室でした。
中身の濃い1年間で、この子が本当に音楽が好きなのかを見極められた1年になりました。


親としても、他の保護者からたくさん学ばせてもらいました。

無事に終わってホッとしました、子どもにも感想を聞いてみたいです。
しばらくたってからの思いが聞いてみたくてね。


[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-11 22:07 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

ひなまつり

特別なこともせず、お雛様メニューを作って食べておしまいのひな祭り。
1年また、元気で過ごしていけるようお守りください、おひなさま。

午前中は、発表会の曲を練習しました。
こどものピアノの音色がある家、いいですよ。
小さいころは、そういう余裕のある考え方ができずというか、
上達まっしぐらになりつつ向き合ってきた思い出の時間でした。
今は、もうそこからはゆっくりゆっくり自分らしい演奏ができる基礎を積んでいこう。

ショパンのノクターンって子供も良さが分かるようで、練習に飽きることがなく
出来ないことも山盛りなので、挑戦もできるのがいい。
先生も、まだそんなのひかなくていいよと言わずに教えてくださる。
ルバートが難しい・・・だよね、それってどうしたらできるんだろう?

もう口を挟んでいません私。
聴くだけ。

だんだんとここにたどり着くのかなと思っていたのに、
ある時から一気に自立の気配!
落ち着きどころってありますね。
先生のお考えも大きいと思います。
いつかできるしほっておいてよろしい、と言ってくださる先生で
今の段階にはぴったりだったのだと思います。

こどもにあう先生はこうだと親が決めてかからず、まずは接してみてわかることもあるのだからと、たくさんの先生にお世話になってきたのもいいことでした。
どの先生ともいつでもメールでご連絡できる関係でいます。
練習でどうしたらいいかなと思ったときに、練習方法の選択を増やしてもらったこと、人によって音楽はほんとうにさまざま、それを教えていただいてよかったなと思います。

家にピアノの音色がある日々が、もうしばらくは続いてほしいです。






[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-03 21:44 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

初弾き

今日は、ホールのピアノを有料で弾こうという日。
こどもが今年初ホールになるので、着物を着せました。
お正月らしく、思いで作りです。

足台設置はスタッフさんがしてくれて、
わたしはホールで聴くことができました。
めちゃくちゃ緊張してたんだよな。
どーしたの?

あんまり練習しないで行くと緊張するようです。
分かりやすい失敗はしたけど、止まってしまった‼までは
いかずに良かった。


聴いていて思うのですが、音楽の流れがパタッと
止まるのは、絶対に避けたい。
おとはずしや抜けとか、こけるなんていいのです。
流れを切ることだけはしたくないよね。

朝はあり得ないミスをしてました。
珍しく…
でもまぁうまくまとめたのではないかな。

うまい下手ではなく、納得して楽しんだか?ですね。

もう今年は舞台も減りそうなので、一回毎に楽しまないとね。


[PR]
by harenohiureshii | 2018-01-07 22:51 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

寒かった~

北風が寒い日でした。
今年初、厚手のタイツを履きました。

子供がピアノを習ってまる3年

覚書をしておこう!(^^)!

先生が10月から、自転車圏内に変わったので体力的な負担は減りました。
時間も節約できるようになりました。

教本が、変わりまして
チェルニー100
ハノン (これは取り掛かったこともあったんだけど挫折してやってないままでした)

プラス、何か曲を・・・かな。

今は、12月に向けてソナチネを仕上げています。
カバレフスキーソナチネ第1番です。
3分弱ですが、3分以上かかるので、どうやって指定速度で弾くのか?
指番号が今までと違ってかなり特殊、ということは
奏法が違うってことで戸惑っているし。
難しい・・・

でも、先生のおっしゃることはよくわかる。
それを自分のものにしようと何回でもやらない子供が未熟。
一回言われてできる人なんて、皆無でしょ。
だったら、どうしたらそれに近づくか、ピアノの前に座って
せっせと弾いたらどうだ?
と私は思うのです。

それなしにして、この子はピアノが好きだなんていえるんだろうか?
舞台に上がりたくてカッコつけているだけなのかも。
そして、本当に音楽が好きなのか?

答えは見つからないけど、今はチャレンジの時。
自分で向き合う形が見つかるまで、私は忍耐を教えたい。
頭フル回転にして、何回もトライ、それしかないよね。
で、出来なきゃ先生が道を考えてくださるでしょう。
練習もせず、難しいだの弾けないだの言うのがくやしいって
ところまで成長してくれないかなぁ・・・・
まだ3年生じゃ難しい?

そんなことないと思うんだけど。

3年間、ピアノランドで楽しかったときもあるし
コンクールに初めて出たときの思い、感動なんかもあって
結果を求めて来てはないけど、ピアノを通じて学ぶことはたくさんありました。

親として、そろそろ距離をとっていくべきかなぁ。
でも、まだ助けがいるところもたくさんあります。
うーん、中途半端・・・
我が子のタイプは、お母さんお願いーという方です。
4年生までは、がんばるかな。

教室の付き添いは、新年が開けたらお月謝をお届けするときだけ
入ろうかなぁーと思ってます。

ピアノを通じての後悔がもしあるとしたら、
コンクールにでる意味が分からないとき(1年生)に
おすすめされるままに出場してしまい、出来ないことをやらせた挙句
プレッシャーをかけてしまいました。
今になれば親子でいい思い出だけど、私の中では
出たことはいい経験だけど、関わり方はほろ苦い思いがこみ上げます。

だから、あとでそうならないように
「今」の関わり方にも、気を付けたいです。
ホントに。

家族だからこそ、近い距離だからこそ・・・の注意かしら。

子供って、お母さんが好きだからやってる節、あると思うのよね。





[PR]
by harenohiureshii | 2017-10-31 20:57 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

結局は同じ

今月から、近くの教室にピアノを習いに行っています。
先月までは、車で50キロ片道運転してました。
往復100キロ
私、すごいことですね、今更ながらよくやってた。

それで、何が同じかというと
寝る時間。

遠方から帰って、こんな時間だ急げ‼って
お風呂さっさと入って寝ていた時間と、
まったり金曜日だからいいよねと、丸亀製麺寄ったり
マンガ読んだり、でこんな時間だ‼だよ。


違うのは身体の負担ですね。
寝る時間が同じでも気持ちに余裕があるもんね。
先生との別れ、出会い、いろいろありますが
良かったです。
楽なこと、楽なこと~

肝心なレッスン内容も
違った手法で、先生すごいなぁと思います。
弾けない先生なら無理なレッスンでしょう。

この3連休は練習、練習しないと間に合わない~‼
思いがけない舞台チャンスがめぐってきまして、終わったはずの発表会の曲を頑張ってます。


チャンスをものにするか?
しないのか?

ピアノにかける思いを言葉でなく、練習にして見せてほしい。
練習したことは、必ず演奏の上達に繋がります。
これは本当にそうだから。

しんどいけど年内は伴走しないと、私。
もう走れん、へとへと。
本音はこうなんだけどね。

子供主導で、私は引き回されていますが、
マネージャー向いてない母親って、引き回しの刑です。
責任感で動いてる。
喜び?
振り返って成長した姿を見たとき、やっと嬉しいかな。


さて、明日も引き回されるのでもう寝ます( ̄q ̄)zzz
[PR]
by harenohiureshii | 2017-10-06 22:28 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

向き合うとは?

ピアノの練習のことです。

私はこどもの前で、
ピアノの練習をするっていろんな目的があるよ

と言います。

ただ音を出して楽しむもよし
ジャンルもclassicに限らず
テクニックにこだわるのもあり
好きな作曲者のものだけ弾くも良いね

あなたはどうしたいの?

どんな練習をしたいの?

まじめにclassicしたいわけでなく
基礎を習うのがいやだというだけで、ピアノから離れたら
もったいないよね

少なくとも今の先生はclassic以外教えません。
可愛がって下さり課題をたくさん出します。
それは成長のために

でも、それが嫌なら、やる気ないなら
それはそれでいいよ。

ピアノと向き合う、楽しむ、人それぞれなんだもん。

それを言うと、私、頑張りたいの。
と言います。

だったら、出来ないところを弾き飛ばさず
自分と向き合わないとね。

出来ないところをごまかさない、上手くなりたい、
そんな気持ちに嘘をつかないで、嫌な反復を黙々とやると
翌日は別の音を出せるでしょ。
それってうれしくない?

そういう話が、なかなかわからなかったけど
なぜかすーっと、入ったなと思った今日でした。

チャレンジさせて貰えて、先生に感謝だよ。
そして、やりきった喜びを味わってねといってくださるのだから、その域に行こうよー。



親は見てるだけ。
それでいいのかもしれません。
やる日がくるんだな~ちょっとウレシイ日でした。

明日またダメ練習かもしれないけど。
それでもいいや、少しの成長を喜ぼう。

[PR]
by harenohiureshii | 2017-08-28 22:03 | ピアノ・音楽