洋裁ブログでしたが、脱線してばかりのブログでタイトル変えました。


by shibaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:子供の成長( 77 )

自転車決定

近所の自転車屋さんで子供の自転車を買えばいいと
何も考えていなかったら、
子供の自転車を並べている数が少ない!

試乗もできないのね❗

身長が130から150が24みたいで、22インチだと中学生ではもう無理のようです。

かわいすぎずに長く乗れそうなデザインを選んで、ヨドバシの在庫ありをポチりました。
ブリジストンはほぼ定価売りですね。
高いなぁとは思いましたが、安全性に関するものだから、
しょうがないです、リコリーナ。
長く乗るんだろうし。
変速って何?わからないのでなしにしました。
乗るのに精一杯だろうから余裕ないよね。


色は、これが好きかなを予想してわたしが決定しました。
明日取りに行きます。
24インチ、乗れるんかな?

a0227531_08213689.jpg


お祭り大好き、だそうよー
[PR]
by harenohiureshii | 2018-05-18 22:04 | 子供の成長 | Comments(0)

さてさて土日だよ

土曜日だからって、ぼんやり午前中過ごせなくなった四年生。
各々が好きなように過ごせるほど、自立してない四年生。

喉が痛いのは葛根湯で治りつつあり、朝から鼻をかみまくる‼
新学期もまだまだ手をかけないと行けないなぁと、前のブログを読み返して気持ちを新たにしました。

朝から、発表会の練習
先週ガッツリやってるので、修正程度だけと、要領の悪さもって一時間かかる。

あいまにピザが食べたいリクエストで、ピザ生地セット。

作文の宿題をあまりに進めなくてひどいため、要点と進め方だけは、指南。

午後からは予定が埋まり、夕方ようやく自分の好きな漫画と読書、虫探し?間に合う?

雨降らないでおくれよ


私は鉢植え買いに行きたいな
[PR]
by harenohiureshii | 2018-04-14 12:25 | 子供の成長 | Comments(0)
洋裁ブログなのに、洋服を今年に入ってほとんど作っていない状態。

ひさしぶりに連絡ノートのカバーを縫ってみたところ、
5回以上、縫い目を解く馬鹿っぷり。
馬鹿じゃないの?疑問ではなく、ホントの馬鹿です。

ひっくり返したらどうなるのか、わからないまま縫ってしまい、
今までのように、こうでしょ~っていう勘が悪くなってます。
やっていると、すいすいすい、のことができなくなる。
もったいない・・・自分の数少ない特技がなくなってしまう・・・
人から見たら普通でも自分の中では特技・・・


ノートカバーは、勘を取り戻すためにちょっと作ろうかなぁ・・
布消費にもなるし。ただし、柄は選ばれる。
プレゼントとしても、もらってもらいやすいかもしれないなぁ。
(喜んでくれる人限定)

あとは、3本くらい入るペンケース・・・1本で持ち歩くのも嫌だしってときに。

今日は、新学期の初日、始業式。
すぐ帰宅して、公園に友達と遊びに行ってしまいました。

明日は教科書を持ち帰って来たり、徐々に授業が長くなってきます。
9歳4か月、4年生進級おめでとう。
4年生ってもう大きいんだというイメージがあったけど、
まだまだ・・・ですね。
でも、自分のやりたいことがはっきりしているところはいいところ、目的を持ってやり遂げよう!
今年から徐々にお父さんにも出番を持たせるようにするので、お母さんは控えに回ることもでてくるよー。


1年間、健康で過ごせますように。
大きなトラブルがなければ、学校は良しです☆それでよし。




[PR]
by harenohiureshii | 2018-04-09 21:52 | 子供の成長 | Comments(0)

春休みちゅうならでは

大病院の専門外来
小児科

春休みは混雑します。

担当医師違うとその都度受診なので、
昨日、今日連日でした。

でも、アレルギーという未知の病気は、漫然とステロイドね、
ではなくて

管理しつつ使うときは使う、プロトピックも使う。

大きくなるまで子供の病気に寄り添うこと。
これは簡単ではないので、
気を引き締めていきたいと思います。
やり方によってハッピーにも苦にもなるので、そこが重要ポイントです。


疲れたわー103.png
[PR]
by harenohiureshii | 2018-04-03 15:31 | 子供の成長 | Comments(0)

切れた件、続

今日は、朝からまた言うことを聞かない子供に不愉快な思いをしました。
具体的にはくだらないので記載しませんが、
腕をつかんで離さない子供にイラつき、自分だけが家を出ました。

帰宅してからも人にまとわりつき取っ組み合いになりたがるので
やめてくれと何十回となく言い、やめない子供に辟易。

夜遅くに話し合いをしましたが、
話し合いにならない

けれども、約束ごとは決まり、やれないと思うけど
やってみることに。

私は、かなりの言葉を投げつけました。
ダメでしょう。
良いわけないけど気持ちを吐露した。

いいカッコする必要なし
母親は汚れ仕事です。
わかってもらえなくても、大きくなったときに思い出して
少しだけ今ならわかると感じてくれるだけでもいいのです。

さいごまでわからなくてもいい。

私という人がわるいところを含めて、
あんな人だったなと思ってくれたらそれでいい。
悪い母親の思いでばっかり?なのかな

いっしょうけんめいだった
それだけ、です。
[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-31 23:51 | 子供の成長 | Comments(0)

元気に修了

今日で小学3年生を無事修了しました。
交通事故に合わず、登下校して、給食の事故もなかったので
ほっとしました。

でも、いろいろとありました。
事故というより、こんなもんなのかなぁ小学校・・・
というようなことが。

そうそう、そんなもんよ。

気にしている細かーい保護者もいれば、
学校にいかせて細かいことは別に・・という方もいるでしょう。
私は、子供が病気もちだからそこはご協力を仰がねばなりませんが、
そのほかは、もう・・・ね、学校の指導方針でどうぞ・・です。

思うことはいろいろあるんだけれど、集団とはそういう物。
選べないのが公立なのですし。

春休みは、がんばってピアノの練習をしましょうヽ(^。^)ノ
花見もできるね!
天気がいい日が多いといいのですが。

そうだ、プチ旅行も!(^^)!




[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-23 17:50 | 子供の成長 | Comments(0)

竹馬、ホッピング

私が小学生の頃に遊んだもの
竹馬
ホッピング

流行りました。
ルービックキューブも


こどもがどんくさいので、竹馬、ホッピングをかいました。

庭で練習してますが、奇妙に転んでます。
バランスとれないんだね。
かってよかった、確実に鍛えられているもんね

私も風邪がよくなったから、がんがん運動するよ‼
気分は水泳かな。




[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-18 23:07 | 子供の成長 | Comments(0)

あたりが強かったかな

こどもとの関わり、覚書

小学3年生も後半になると、今まで身のまわりのことができないと困り果てていた事柄一つ一つが、すーっとおさまり、まだまだ時間泥棒が体に住み着いているうちの子供ではありますが、普通に学校に行き、宿題して、日常を過ごしていくことにはまったく問題はない状態になりました。

過去ブログで、ご飯を食べるのが遅い・・・
まぁ今でも遅いんですけど、天を仰ぐほどではなくなった程度に少しはまし、
計算に取り組むと、只今BGMでストップ中みたいな顔していたり、
まぁ、時間泥棒は体にたくさん住みついていて、そういう人間なのだから仕方ない。

パッパ、パッパと次から次にリズムよく行動する子、いるんだけど、なれません。
違う人種だね。

時間を制する、これは中学受験をするとして、塾の勉強をするのであれば、帰宅後の時間は無限でないという事。
ある時間の中で、自分の出来る学習を組み込んでいくということになります。
日常に時間がかかる人は、何かを押し出してしまう。
テレビや読書、風呂、食事、学校の宿題。
こういう不便があるうちは、塾に行っても無駄足なので、やめましょうよと
言っていたのですが、春講習では学校が休みです。
押し出す事柄が少ない時に練習してみましょうよ。
でも、私は仕事に行くので自分で時間を逆算してバスに乗れるかな。
指示通りだと機転が利かなくなるし、まぁ迷子になるとしてもそんな遠くに行くバスでないはずなので下りなさいと。
スマホの位置情報って便利なので、探してみるかね。

遊びも、塾も、は無理としても、時間のこなし方は春休みに体感できる。

1日1予定&ピアノってとこかなぁ。
しぶとくピアノを入れる、これはたった15分の練習でいいのだからっていう事で。

あ、そうそうタイトルのあたりが強かった・・・ってのは
昨日の話。
ヘレンケラーを読んだのはいいんだけど、ピアノを弾こうともせず夜になりまして。
やらねばならないことを済ませないでマンガを読む、
自分の持ち物をばらまいて拾わないまま数日たつ、などね、
「いーかげんに、せいやー!!!!!!」と
どーんと体当たりしたわけです。
やんわりいうのではなく、ずけっとね。
どーする気だ!?これでいーのか、と追いつめもしたよ。

小さい時から、家のルールは変えていなくて同じまま。
増えも減りもしていない。
だから、子どももわかってるんです。

甘えていい時は甘えていい、休むときは休みなさい、疲れたときはさぼっていい、
いろいろとボーナスチャンスもあるんだけど、何しろ体に時間泥棒が住み着いている人なので、いまどのくらい作業にかかったのか、これからどのくらい時間を持っているのか、寝るまでにどうしたらいいのか、がわかんないみたい。

思ったほど、時間に関する感覚が鈍い。
体内の時間泥棒がそうさせているのだろうか。
きっと、5時になったら、とかあと何時間ってのが、すこぶる苦手な人。
大人になったらできるのでしょうが、今、今が・・・ね。

体当たりして、当たりが強ければいい子になるのか?
なりませんよ。そんなの。
親の発散になってるだけでしょ。
自分で自己嫌悪にもなりますが、吸収してばっかりもいらんないのが人間だと思いますし。
グッと押さえて、片づける仕組みに近づける声掛けを。っていうんでしょうけど、
それでできてたらこうはなりません。
いいんです、こういうぶつかりって必要だと思う。
あの時そうしてよかったって思うこともあるハズ。
でもでも、私、強く言いすぎたり、かわいそうなことしてるなって自己嫌悪にもいっぱいなります。
やさしく諭せばわかる・・・・それはないな・・・・やっぱりぎりぎりまで我慢していてこうなったんだから。


嵐が静まった後、子供の姿をみると、小さいのも今のうちかなって、いとおしくなりますね。
ベビーでもあるまいし、言葉に出しては言いはしませんが、あと1年くらいかなぁ。
わたしの子供の割には、素直に育っていますね。
口答えとかそういうかわいげないタイプにはなっていないので、神様に感謝なのか?
見かけは自分の小さいころそーっくりになりましてね。遺伝・・・恐

私は、自分の身体に時間泥棒、いるかなぁ・・・
います、います。。。
座ってぼっけーっとお茶飲んで動けなくなることあります。
時間泥棒に負けるもんか、と今日はジムに行って、買い出しに行きました。
もやもやした気持ちとか整理がつかない忙しさが続くと、考えも暗めになるので何も考えない時期って必要ですし。運動はもってこい!

春休みがあと2週間でやってくるー。
元気にたくさん働いて遊ぼう、って思ってます。
そんな楽しい思い出も小学生までではないかな・・・・
中学は部活とかあるもんね>^_^<










[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-09 18:26 | 子供の成長 | Comments(0)
子どものころ、自分が読んで印象に残った本は、子どもが読んだらどういう感想を持つかな、と興味があります。

ヘレン・ケラー、その伝記を読んだことを
よく覚えています。
体が不自由だけどすごく頑張ってる外国の女の子がいた、そして
その子を支えてくれている先生が素晴らしいってことを、子どもの感覚ですごいなぁと思ったんだと思います。
そのころ、伝記はよく読んだと思うんです。
でも、ヘレンケラーと窓際のとっとちゃんと北里柴三郎・・じゃなくて野口英世(囲炉裏のやけどとお母さんの手紙)かなぁ。衝撃な記憶に残った人物。
エジソンやベイブルースって、ふーん、だったと思うの。

ヘレン・ケラーについては、
子供が図書館で全く借りそうにないので、お薦めなんだけど、と言ってみても
「えー、興味ないもん」と知ろうともせずにうちの子は拒否しました。

でもね、私、めげずに、勝手に借りておきました。

たまたま、大学病院の受診があり、待ち時間用に持って行くと
それしかないので、こどもが読み始めて・・・・

診察が終わり、会計、ずっと読んでるヽ(^。^)ノ
帰るよ、というと、早く家に帰って続きが読みたい、と。

帰りのバスの中も読んでいるヽ(^。^)ノ

伝記 ヘレン・ケラー (偕成社文庫)

村岡 花子/偕成社

undefined


村岡花子さんのヘレンケラーを読んでほしかったんです。
ヘレンケラーなら何でもいいんじゃない、マンガのじゃ特に嫌でした。
あんな顔じゃないもん・・・雰囲気がホントの写真でないと伝わらないでしょ。
村岡さんはほんとうにヘレンとお会いしている、そういう人が書いている伝記。

病院受診というチャンスがあり、ヘレンケラーを読むことができた子供でしたが、
私は、ヘレンケラーのことを読後に話すこともできて、気づいたんです。
あぁ、もうそんなに本からいろいろ読み取れるのねって。
意外と、すごい人だねーとかそのくらいの一言とか、おもしろかった、とかそういう感想しか言えないのかと思ったら、ヘレンだったら、先生だったら、などその人の立場で読めるんだな、成長したんですね。
当たり前のようで、当たり前じゃない・・・言葉で何かを伝えるのが苦手なタイプの子、うちの子。

ちょっとは、お母さんセレクトの本って感動するんだってわかってくれてたらいいんだけど、読ませる形って嫌ですよね。
読書って、人からお勧めだよって言われるくらいならいいんだけど、これいいから読みなよ、の強さだと・・・苦痛かも。
でも、経験も視野も狭い子供なので、これからも、おすすめ本をこっそり借りて、どこかにしのばせ、興味をひこうかと思います。

そうじゃないと・・・
青い鳥文庫とか、つばさ文庫の青春ものばっかりになってしまっています。
12歳とかが好きなのは、わかるんだけどね。
ちゃおも好きなら読んでいいのですが、知っておいた方がいいなと思う本にも出会ってほしいです。

私のように、文章が下手な人になってほしくない・・・






[PR]
by harenohiureshii | 2018-03-08 14:39 | 子供の成長 | Comments(0)
a0227531_19010542.jpg
桃の節句に合わせて、おいしそうなものが出回ります・・・
これはあわしま堂(^_-)


来月は春休みがあり、少し遠出してお花見がしたい。
普段と違う景色が見たいのです。でも、
塾の春講習と仕事の予定で、まったくのフリーという日がほとんどない。

一泊はどこか行って思い出づくりがしたい。
こどもが小学生のうちにしか作れない思い出があるので、一人っ子の場合は
二人旅になるため、より濃厚な思い出になります。だからこそいいと感じるこの頃。
そういう思い出の積み重があってこそ、もう大丈夫、羽があるなら飛んでイケーって、中高で言えるような気がする。
旅にでると、一緒にいても「あれ?去年はこんな感じだったのに今年は!」と自立してきていることを肌で感じる。
日常の微々たる成長って、なかなか感じにくいうようで・・・
今年はもう、入場料は園児?と聞かれないと思うし、旅のしおりも作ると言う。

「自分の安心のために子供に介入しすぎてはいけない」
これは、近頃読んだ本で心に残った一行だったから手帳に書き留めたのだけど、
いつからか読んだ本のいい文章も忘れてしまうようになった。
手帳に書いておいて、なんだっけ?とあとで見返すのがいいみたい。

こうしたほうが自分が楽だし、と先回りして子供に生活面のことや、交通マナーなど教え込んだりしていたのは園児の時。
今は、もういろんなところでそれをやろうにも、入らないし、いつか目配りと気配りだけ(そこが難しい観察だけど)になるんだろうな。


冬休みは、子どもが塾に行かずにのんびりできる最後なのだと
楽しい思い出を作り、ゆったり過ごしたけれど、この春は
こどもが成長したのか、自分から塾に行ってみたい、遊びにも行きたいと意見を言い、そうかそうかと私が合わせることにした。

もっとゆったりのんびりさせてほしい(私が)とも思うのだけど、
今の小学生は忙しい、時代が平成、もう終わる・・・
新しい時代に適応して、親も変わっていかねばならないなと思っている。
だけど、うちの信念、こう育ってほしい!はぶれないで行こう。






[PR]
by harenohiureshii | 2018-02-25 19:00 | 子供の成長 | Comments(0)