人気ブログランキング |

さようなら、爺ちゃんピアノ

さきほど、我が家のアップライト

爺ちゃんピアノが、旅立って行きました。

立ち会ったのは、夫です。

私は手配しただけです。
子どもは、最後までうるうるしながら、どうしようか迷っていたけど
ペダルを踏むような曲になるとやはりグランドピアノなのです。
だから、2台は置けない。
さようならだよ。って。

夫が、母から買ってもらったピアノを自分の娘が使い、
歴史を刻んだ。
フォーレもメンデルスゾーンもショパンもベートーベンも
インベンションも弾いた・・・
先生はドビュッシーを弾いてくれた(^.^)
爺ちゃんはバイエルだけで終わることはなかったね

夫は、長男なのだから、見届けてあげてよ!
その役目はしてくれました。
あっさりしていましたね、電話の声。
持って行ったよーだとさ・・・・^_^;

まぁ感傷的になるような人なら、ピアノ弾いていたはずだわよね。

私が立ち会ったら、なんか泣いてしまうわ・・・
子どもが小さいころ弾いていたのを思い出すと思うし。
だから、義母さんも、弾きもしないのをずーっと置いて洗濯物乗せて
でもどかさないでっていう気持ち、わかるような気がする。

お金と引き換えました。
海外のどこかで大事にされると信じて。
いいところで大事にされてね。
運だと思う、これこそ。
願いだけは送り続けよう、そして、今も大事にされている(はず)
はず、ってのがかすかな期待だけど、どこかで爺ちゃんもまだ
音を鳴らしているよと信じたい・・です。

我が家にいたら、間違いなく無言のままですからね。

アメリカ?中国?ヨーロッパ??
どこかしら・・・

いつまでも元気でね



by harenohiureshii | 2018-09-28 10:55 | ピアノ・音楽 | Comments(0)

アンチエイジングとよりより第3ステージへの日記


by shibaco
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る