人気ブログランキング |

カーテンレール

a0227531_22474490.jpg

横幅160センチの大窓に、やっとカーテンがつきました。

今までカーテンレールがなかったため、ガラガラガラ~のアルミをおろし真っ暗。
擦りガラスなので、中ははっきり見えませんが、人影や置いてあるものはなんとなくわかります。

カーテンレールは、ホームセンターで買っておいたのですが、
窓枠に電ドラなしでネジ入れができるか?
そこが心配でした。
穴が開いてネジも入らず、終わり・・・これは悲しい。

でも、ピアノに陽が当たるし、何より音質がかたくて、下に毛布を置いて緩和するのも限界・・・
毛布をどかして掃除機かけるのが気持ち悪いし、暑いのになんで毛布が下に置いてあるの?
気持ちが下がる・・・

写真ではカーテンが横に伸びずに、しわしわに見えますが
わざと窓枠×1.8倍の長さのカーテンです。
調律師さんが、調律した時に、わざとひだを作った厚手の布をかけると
音が違ってくるよ、とアドバイスくれました。

実は、この家に来てから、グランドの音が「カーン、カーン」と乾いた金属音みたいになり、調律をしてもらってもしばらく落ち着きませんでした。
ピアノを動かすと落ち着かないとは言いますが、ピアノのせいというよりも、
置いた周りの材質がフローリング、ガラス窓、で反射を繰り返してそうなっているのではないかと。

下に、毛布を置いたら、確かに少しだけ、音が落ち着きました。
椅子の下にラグを弾き、出来ることはしたのだけど、ガラス窓には
カーテンレールもなくどうしようもできず。

ほんとうは、窓でないところもカーテンレールを這わせたかったのですが
エアコンと収納が邪魔をして無理でした。

さて、ゴブラン織りの、裏に遮光1級を付けたカーテン・・お、、重い。
架けれてうれし~~!かったんだんだけど、
実際の音はどうなったか?


大成功
まろやかな音になって大屋根開けれるようになりました。
もし、音が・・・とお悩みの方がいらしたら、ピアノを調律しても難しいなら、ファブリックなどで工夫してみることをお勧めします。
こんなに変わるとは思わなかったです。

カーテンレールをつけ終えたとき、汗だくでした。
一仕事終えた達成感ですヽ(^。^)ノ

by harenohiureshii | 2016-05-19 22:46 | DIY・リフォーム | Comments(0)

アンチエイジングとよりより第3ステージへの日記


by shibaco
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る