新学期当初、今年度の習い事など試算したのですが

想定内とはいっても、出ていくねー
教育費

ピアノ
楽典
ソルフェージュ
塾がらみ

月にいくら出てくの?

仕事をするか考えていたけど、これは働いていて
良かったと思います。
こどもが行けば!といってくれていてナイスでした。

金銭的に不足してから、考えるレベルだとお話にならないです。教育は未来に投資だから。
やりたいことがある、今必要ならふんだんに、十分に支払ってやることができる。
これは経済力なくては出来ないね。

私なんか、怒るだけで、
お金出せないとかもし最後に言おうものなら
「偉そうに怒ってたくせにそんなもん?」と子供にバカにされるかも知れない。
ま、間違いなくがっさりされる。

子供に言ったなりの力は持ちたい!
優しいだけのお母さん、ほんとはそれが一番偉大と思う。
お金を賭けただけの成果を期待しちゃう、私はケチかもしれない。でもね、コスパも大切な考え方だよね。
だからといって、公立しかだめなんて言わなくて、私立含めて全部の中から選んでいいよ。
それには、理由と努力がいる、可能性は広げてあげる、だけどしてもらうだけじゃダメよ‼

私は親にこういって欲しかった。


だって全然、選択肢なかったもん。
遠慮がちな自分も悪かったのかもしれない。
大人になって、私は遠慮して言えなかったと打ち明けたことあったの。
何と、母はね、
言えば良かったでしょうって言いました。

こんなこと、あってはならないー

さてさて、ミシンをやりましょ(о´∀`о)
[PR]
エアコン対応の羽織ものが欲しいです。

明日1日で作れるかなぁ。
型紙があり、製図しなくて良いならサクサク進むんだけどな。

バックも欲しいなぁ

ミシンを久しぶりにやる気モード‼
[PR]
a0227531_14095456.jpg

a0227531_14102066.jpg

裏衿は、リバティ使いました

後ろはこんなんだ~コートみたい

a0227531_14111338.jpg


三時間半で裁断から完成まで行きました。
行程は茅木さんの本独特の、工夫があって
衿周りが、ナンジャロナ?でもたつきましたが、fよりは簡単です。
袖付け楽チン。

バイヤス処理の方が面倒です。

布は、益久染織研究所の手紡ぎ綿
着心地いいです。気持ち良い。

もう暑くなりましたね、ヘビロテには来シーズンまで置いとくのかな。
[PR]
a0227531_21155005.jpg

レモンのつぼみが着きました。
今年は花が咲きそうです。

a0227531_21171108.jpg


双葉葵も伸びてきました。

陽射しが植物を大きくしてくれています。

最終日の今日は、黄砂が飛んでいたので家にいました。
ピアノをじっくりやりました。
コンクールの向き合い方も変化していっており
今は、上達と度胸試しでトライする気持ちです。
去年までは、教本を止めましたが、今年はそれはそれで同時進行しています。

子供の記事が多くなり、読み返してみると、
かなり育児でお困り感たっぷりに見えますが、実際は、
こんなもんなんでしょう。

子供は穏和な子です。


自分の子の悪いところを隠す人もいるようだし。
開放的に書けるのは、まだ健全かも。

本格的に仕事がスタートします。
夏休みも頑張る覚悟です。
お金より自分の確認のような価値かな、
私だってできる、っていう。
やっぱりやってこそ、頑張ってみるね
[PR]
子供は小学3年生なのですが、たぶん今できない生活面のことは
6年生になってもできていないと思います。
物が落ちていても、またいでスルーするとか
帰宅した後、帽子を玄関にしまわないとか、
勉強に取り掛かる以前の机の片づけに15分以上かかるとか、
だらだら漢字の書き取りをして、挙句に間違った漢字をノート1枚書き続けるとか。
ま、簡単なルールをひとつひとつできるようになったね、
なんてことは、
年長のころからありませんよね。
むしろ、年中のころのほうが素直で、真面目にやっていたかもしれない。


まだ、3年生、とか言う言葉は大間違いだと思います。


なぜそう思うか?

学校関連の行事で、高学年のクラスにお手伝いに入ると
ほんとうに身のまわりのことができない様子を見かけます。
落としたものを自分で拾わない、こぼした墨汁を拭いてもらって当たり前、とか、
自分の子供ならただじゃすまないぞ、みたいな光景をよく見かけたから。
一人しかいないと、いつかできるんじゃないかなと幻想を抱いていました。
でも、できないんだな、と悟りました。

子供を怒っても無駄、言い続けても無駄、という人がいて、
もう大学生なんだけどやっぱり身の回りができないままで、と言います。
それって、ダメだった例ですよね。
そうなってほしくないんだってば。
自分の子がダメだったからと言って、無駄ってひとくくりにするのは違う。

怒ればいいってもんじゃないこともわかる。

だからといって、やろうねーとかよいしょしてやらせるもんでもない。
出来タネ出来タネってその年齢で当たり前にできることを、褒めようとかもおかしいと思う。
自分を振り返って、子どもの生活に支障が出るような家事をしているとも思えないし、馬鹿丁寧ではないけど、そこそこ片づけもしているはず?だと思うのに。

しかもね、子供の勉強を時々みつつ、洗濯たたんだり、片づけたり、床拭いたり、なにか働きながらだから、親がテレビ見てお菓子食べて、やれやれ!と怒っているわけでもないのに。


なんか、やってもらって当たり前だと思っているのかなと悲しくなりましたね。


なぜこのネタかというと。
2年生の漢字が怪しいので、さっき、書き取りに付き合いました。
かつて、自宅で3回以上言っても書けてない字がありました。
それは、「かいが」です。
絵画コンクールで賞をもらった。というところでヒントもあります。
しかも、絵、も、画、も難しい字じゃないよね。

いつまでたっても書けない。読めてもないのかもしれない。

その都度、もう間違わないように練習しようと声掛けもしました。
怒ってないし。
それじゃあ、全然真剣にならないんでしょう。
響いてないんですよね、やろうと思わない。
痛くもかゆくもないし、それが書けないからってどーっつことない、
そんなのかけないと恥ずかしいだなんてプライドなんてもんもないんだから。

で、書けないなら書けないでいいんだけど(だって私の人生じゃない)
その姿勢に対して、雷を落としました。
特大どころか、ブラックホール突入!!クラス。

子供の性格が、出来もしないのにやるという気質があり、
塾に行って、出来もしないのにそこにいるだけが大好きだった。
塾に戻りたい気持ちがあるのなら、こういう事を塾で習っても家でおさらいできなきゃだめだ、と家庭学習の大事さを痛感したためやめさせました。
塾で講義を受けたことを家でやらなければ、お金を落としにだけ行く、労力を無駄に夜使う、親も送迎でぐったり、ほんと、それだけ、になります。

勉強は、学びたい、伸びたい、それが大事で
やっている気持ちになるだけでいいわけではありません。
その親の気持ちをわからせたいとも思っています。

がんばってもできないならいいんです。
100点じゃなきゃダメだと言ってない。
50点なら50点をとる努力をしたか。
塾に行きたいだとか、~したいだとかをよく「かっこつけ」でいうのかわかりませんが、やるといったことをやってみてほったらかすことは、親が振り回されることになるので最近は、ピアノ以外手を広げないと決めています。
それだけでも中途半端になりそうなこの頃。


漢字練習をしていても、子供が思うことを想像するに、
「枠がある、書けと言われている、なぞれと言われているから書く。
読み方はいくつかある、それがどうか考えもせず、ただ写す。」
やった、やった、私やったもん!
結局は、これなんですね。
馬鹿。

バカって言ってはならないけど、
漢字練習のしかた、は懇切丁寧に説明はしているんですよ。
それを聞きたくない、分かりたくない、嫌なことをしたくない、んです。
それが子供ってもんだと、私は譲歩しない。
やろうとすればできるんです。絶対。
ただ、やるだけの動機が要りますね。
親が怒るからじゃなくて、自分でやらなきゃという動機。
私ね、親が怒るこわい、やる、だと高学年になって嘘ついてみたり
いいことないと思うので、それを動機にしたくない。
塾だってそういう説明はするのでしょうが、出来ないこと前提に、
宿題山ほど出すところがあったり、ハイパークラスの子はできてることを前提に応用ばっかり授業をするっていう風になるのかなって。
それはいつか潰れちゃうと思う(うちの子は)

宿題の漢字の時間を、もう練習したくないしここで全部覚えられるものは覚えるという気持ちを持つ、ということを今から身につけられない?
実はそれが効率的なんだと思う。
やればうちの子、そのやり方、出来ると思う。
だって、ピアノではできるんだもん。
意味は分かるハズ。

ピアノで、ただ音を出せば練習になることはありえないと知っていて
漢字にも当てはめればわかるはずだから。

こんなことって、くだらないって取れるようなことですが、
一事が万事これです。

あ、ピアノにしても漢字にしても計算にしても
こんなに苦労して親が辟易、疲労と思わずに、そつなくこなしていくお子さんもいるような気がする。
上に兄弟がいる子とか、なんだろう・・生まれつきテキパキしてる子?
でも、うちの子はそうじゃないのだから、そのように向き合わなくてはなりません。


お母さんは、いい人でもなんでもない、嫌なものは嫌だし
子供は元気に登下校してくれていればそれでいいと思っている。
どんな人生にするか自分で決めて行けばいい。
お金がかかる塾も必要なら行かせることができるが、不要と判断すれば取り上げる。
それは音楽も同じ。

ピアノも勉強もやってくれと頼んでない!
それで、ケンカの種となり怒ってばかりになることは避けたい。
やりたいことに手を差し伸べてやりたい、それだけ。
やりたいならやり遂げないと。


何度となく子供に言い続けていることです。
うちの子、こういわれてつらいんだろうか?
私、親からこういわれたら幸せだっただろうなと思うからこう言うんだけどな。

















[PR]
# by harenohiureshii | 2017-05-06 12:28 | 学習能力