どんな景色か、行ってみなくても映像で
見れる時代です。

だけど、直接見たらどんな感情が湧くのかは
想像するしかできないね。

経験はしてみないと、空想だけになる。

飛んでみた着地点は?
やり遂げた達成感は?
継続する辛さは?
やってみないとわからないままです。

何となくそう感じるであろうと思うことはできます。
大人は。


こどもの頃に、本物の経験をさせられるチャンスがあれば
やるべきなんでしょう。
今になって、そう思うようになりました。


今日は、ピアノを習っているこどもが、ひとつの区切りを迎えました。

自分で区切りをつけたのでなく、私が、今後の提案をしたのです。
自分のこどもを見ていたら、わかってくることがあります。
ちょうどタイミング良く、です。

偉かったぞ、頑張ったねと誉めてあげたいと思います。

[PR]
# by harenohiureshii | 2017-12-03 23:45 | 娘のこと | Comments(0)
誕生日プレゼントは何がよい?
父親が子供のプレゼントはわからんと言うので
スニーカーなら必ず使うよ、と言ったら

買って着ました。

Newbalance

高いよね、私なら
superstarだなぁ

男の買い物とはそう言うものかも知れません。
むしろ細かい人なら嫌かもな。

丸8年使った電子レンジが壊れました。
買い直すまでは安物で我慢します。

[PR]
# by harenohiureshii | 2017-12-02 23:58 | お買い物 | Comments(0)
中辛でカレーライスを作りましたが
甘口しか食べない子供の分は
少し別鍋で、リンゴをすりおろして入れました。
牛乳も少し加えると、食べれました。

やすみは楽をしたいので、カレーライスを作っておいたんです。

今日は寒いしゆっくり寝よう。
早寝の日
[PR]
半年ぶりに友達とご飯を食べました。

最初は、幼稚園と家が近かったママ友さんでしたが
幼稚園の先生のお葬式に一緒に参列してから
距離が縮まり、こども同士の馬が合うので、こどもも一緒に
長い休みごとに会っていました。

今はママ友というよりかは、育児のあるある共感できる友達かな。

こどもがいないとノヒノビ話せる。

お互い望んでいること
省エネの育児がしたい
だよねー

あるあるを共感して、だよねーと言い合えると
気持ちも楽になるんですって。
こうした方がああした方が、とかがほしい訳じゃなくて
私はこうしたよ、でもさわかんないよねーみたいな。

答えがない話をしていても、嫌じゃない

そういう関係なかなかないんだけど…
[PR]
# by harenohiureshii | 2017-11-30 21:38 | おでかけ | Comments(0)

夏の川遊びからずいぶん経ちました。
a0227531_18312860.jpg

3年生の生活が、12月、1月、2月、3月、あと4か月。
3分の1になってしまいました。
春から4年生になります。
ついこの前、1年生だったような気がするのは、手がかからなくなった証拠です。
ベビーのころは、長いなと思っていました。

病気は、持病のアレルギーがあるのだけど、
今年の夏は、例年になく悪化しておろおろしました。
付き合い方も少しわかりましたが、形を変えてまた出てしまったら
またおろおろするんだろうな。

とにかく、主治医を決めて管理できているので、心強い。

そして、習い事は一貫してピアノだけで来ました。
ときどき日本舞踊だとか、造形だったり参加して、体験は増やしたつもりです。
ピアノが礎になって、これから活きてくると信じています。

育児をしていて、ベビーのころより関わり方が複雑になるので
(想いのぶつかり、別人格、性格のくせ、自分の怒りのコントロールなどなど)
時に悩み、変化し、うまくいかず自己嫌悪、いっぱいいっぱいもやもやもしました。
楽しい時間も過ごしてきたつもりですが、塾に2か月入ってせかして勉強したずっこけ経験もあったなぁ。
ピアノは楽しいだけではないけれど、この子が大人になった時、お母さんの記憶として良くも悪くも残るんだと思う・・・・

冬休みまでもう少し、塾の冬期講習など目白押しですが、参加せず、
育児最期かと思われるのんびりと二人で過ごす時間を、楽しみたいと思います。
可愛がるだけの純粋な時間は最後だろうな…

4年生からは、習い事も勉強も、自分がどうしたいのか方向性を話してくれたら
いくつか案をだし、選ばせていくようにしたいと思います。
忙しくなる内容を選んだとしたら、どうなるか説明し、体調がすぐれないようならストップするとも告げておきます。
無理していることを子供はわからないでいることが多いものです。

反対に、もっと粘り強く取り組んだ方がいいことについては、
出来ないとか言ったりするしね。

育児のステージが変わる9歳目前の思いを書いてみました。
今日まで、育ってくれてありがとう、です。
私も、息切らしながら育児してきた、お疲れ様。

まだまだ続くけど、私の背中の荷物をだんだん子供が
わたし背負うよ、って言ってくれる日を楽しみにしています。
まだまだだけどね。
あ、でもあと半分くらいかなぁ。



[PR]
# by harenohiureshii | 2017-11-29 18:32 | 娘のこと | Comments(0)