カテゴリ:コート・ジャケット( 11 )

a0227531_14374485.jpg

a0227531_14381260.jpg




作る過程のこと
[PR]
同じ布で作ったジャケットが完成したので、先日のスカートと合わせてみたら
スーツになりました。

a0227531_12404454.jpg


細かいところはいろいろありますが、何しろさっさかタッタカやってしまったので
致し方ない::::

型紙は、2010冬のスタイルブック付録型紙、プラモデルソーイングのジャケットを
使いました。
総裏つけました。

自分で製図を引くのではないので、サイズはどうかなと思いましたが、意外と
肩と後ろ姿はすっきりしていたので、前の合わせ部分とわきがもたつくのは
許容範囲でしょう。

自分で製図すると袖付けが難しくて、前回のグレーのジャケットで泣きそうになったのですが、
今回は付録型紙、さすがいせ分量とかちゃんとしてあるようで、きれいにつきます。
肩パットを入れるようには書いていないけど、やはり入れるとシルエットがきれいです。

肩パットって、バブルのころのスーツでおかしいイメージですが、パットの厚さもいろいろあるし
気を付けて選べば違和感ないシルエットになるみたい。

そして、トラブル。
ボタンをつけようとしたら、モナミのボタンホール縫いのアタッチメントが壊れました。
プラスチックのところがゆるくなって、ボタンを抑えておけない状態に。
でも、終わらせたいので指で押し返してなんとか、機能させびくびくしながら
5つあけましたよ。
怖い怖い・・・・

ボタンのデザインは、もっと考える余地ありだったけど
なるべく地味なジャケットに仕上げたいという希望があり、これになりました。
どうでしょう~


それにしても、モナミのアタッチメント、買いなおさないと。


できてみて、縫製技術の完璧を求めるのは無理だとわかっているんで
着心地だけを評価すると、とっても気持ちいいです。
十分です。肩がこるようなものではないです。
裏地が気持ちいい~キュプラだから?
添付型紙の製図がよかったのかな?

縫製は、職業用がうまいことやってくれるので、ごまかせているけど
裏地縫いはモナミ様様~です。モナミがいないと裏地は大変!
なぜなら、自動糸調節機能付きだからでーす。

スーツの話は、このくらいにしてと

More
[PR]
製図から自分で作ったジャケットです。
ちょっとづつしか進めず、時間がかかりましたが、投げ出さずに最後まで
がんばりました。

a0227531_2265841.jpg



地味でクラシカルな印象のスーツが必要で作りました。
日常着るような自分の好みの洋服ではありません。
必要だから、作った訳(買いたくないよね、普段着ない服)

スカートは、以前作った同じ生地のものを合わせてます。
茅木真知子さんスカートパターン。
ほんとはマーメイドのようなデザインのタイトスカート?にしたかったのですが
もうスカートまで作る、余力が残っていなくて、これで終わりにしました。

何に一番苦戦をしたのか?

袖です。

製図の袖がおかしかったので、何度つけてもしわがよる!特に左袖。
でも、どうやって直していいのかもうわかんないし、裁断済みだし
トワル組んでるときには気づかないし、苦しみました。

結局、着るとしわが出るし、何もしなくてもしわがよる変な袖になりました。
肩パット分をなんとかせねばならなかったんだろうか?
立ち止まって、こまごまやり直せなくて今回は、自分で自分を許す・・・026.gif

裏付けも全部手でまつりつけたので、それはそれは時間がかかりました。
だけどミシンで失敗してほどくのが恐ろしくて、これはこれでよかったと思うんだよね。
おそろしく縫い代のあまり方に差が出て、ゆがんでるんだなとわかりました。

着心地は、サイズピッタリなので、気分がいい001.gif
だけど、袖がおかしいので気になる002.gif
という感じです。

ボタンは、日本橋三越で1個350円のをつけました。
滑りが悪くて、(ゴムっぽい手触り)ボタンホールを通すのがギシギシ。
あ~あ。。
だけど、自宅でボタンホールもやったし(素人くさくなった)
自力で終えられたことは、良しとしましょうか・・・・ボタンの間隔が写真を見ると
怪しいのだけど、着ていておかしいくらいじゃないからいいでしょ(開き直り)

a0227531_22163395.jpg

スカートも合わせるとこんな感じです。





洋裁とは無関係な話も少し~045.gif

More
[PR]
夏の真っ盛りに、ウールのジャケットを仕立てていました。
裏を手縫いでまつりつけたらおしまいです。

いや、いやいや;;ボタンホールがまだ。
ボタンが決まらない。
買ってきてはいますが、ちょっとそれは合わないかも。
練りボタンを無地でつけようかしら。


金曜日に、エレガンスのセールに出向いて
娘のブラウスにぴったりな、白いブロードを買いました。
真っ白な布って意外とぴったりしたのが見つからないし、
これよっていうのがお手頃価格で見つかって、うれしい。
娘のセレモニーワンピも並行して作っているのですが、
ブラウスもセットでがんばるぞ~

はやく完成してここに写真を載せたいです
(出来がいいわけじゃなくて、やったーと達成感を味わいたいのです)

洋裁を始めて2年が経ちました。
最初は、良くわからないので完成させることに全力投球をしていたのだけど
最近は着たいものはこれだから、とか必要なのはこういうもの、と
決めてから作り始めることが出来るようになりました。


パターンを自分である程度、書けるようになったことも大きくて
実用性のある趣味だなって、思います。
欠点は、埃や糸くずで家が散らかされ、掃除が大変です
ミシンをかけるまでの工程が長いので、取りかかるまでに
時間がかかることも多いです。 
[PR]

ジャケットとコートの手ほどき―プロの仕立てをきちんと学ぶ

小杉 早苗 / 文化出版局



次はジャケットを作る必要があります。プライベートでは、着ません。
カーディガン派です(^-^)

だから買う気になれず製作しようとモチベーションあげてます。

暑いのに裏つき~^_^;

頑張ろっと♪
[PR]
a0227531_12193727.jpg

昨晩11時に完成しました。
とにかく、最後まで作り終える目的は達成できたぞ~。
a0227531_12193717.jpg

襟の縫い曲がりにブローチをつけてみました。
マフラーで隠れることがわかり、な~んだ、と思ったけど
ブローチ作りも楽しかったです。

a0227531_12193756.jpg

無理やり合わせにして、ローブにしました。
ポケットの1つは、(半)内ポケットになってる

ボタンホールは、手持ちミシンで不可能ということで(技量も足りないし)
ローブにしてごまかしました。
さきほど、近所のスーパーに着て行って、毛くずやごみがついているのを
歩きながら自然に落として、着心地とかおかしな点をチェックしたけど
ボタンが付いてないので、合わせがずれてきます。
ホックか何かで、多少固定すればいいのかな、くらいでいいかな・・・
けれど、やっぱり近所のスーパーに行くちょっと着にしか無理と思うよ、
電車に乗ってどこかに行くのは恥ずかしい~。

備忘録として、自分のためにまとめをします。

1)生地
ウール100%
日暮里で昨年、なんとなく買いしてしまった布。
どっちみちコートの練習用でした。
800円/m

裏地は、キュプラ100%でベージュともサーモンピンクともいえない
変な色・・・というか、ちょっと気持ち悪い感じで何にも合わないなって
思うような色。
それで、お店に100円/mで置いてあり、
布屋さんが言うには、「色はおかしいのだけど、素材は最高だよ」とのことで
練習用だし買います、と買ったのです。
ほんと、裏地が気持ちいいなんて今までの既製品で思ったことがないのに
このコート、出来栄えは半人前だけど、裏地だけは気持ちいいのです。
パチパチも言わないし、サラサラつるつる気持ちいい~!(^^)!
着心地も助けられています、きっと。

芯地は、家に合ったものを適当に・・・

2)型紙
縫製が簡単なものにしたかったので、製図はせずに
femailの囲み製図で付録になっていた9号をそのまま使用。
袖が短かったですね、いつも腕が短くて悩むのに、もしかして
七分そでデザインではなかったのに、え~~っ?!

ポケットがかなり小さかったんですが、
子供連れでハンカチやマスク、手袋を入れたいので、大きくして
手を入れやすいように斜めに変更しました。
まっすぐにポケット付けたほうが、よかったような…

3)糸、針
ミシン針は11号、糸シャッぺの60番
でも、もうひとつ太くても良かったのかも・・・
ベルトを縫う時は、30番を使いました。針も14号。

すそ上げや中とじは手縫い糸の、ファインを使いました。
いい感じでした。
木綿糸ではダメでしょうねぇ・・・・
色はグレーしかなかったけど、大丈夫だった(私レベルで)

4)縫製のこと

裏地と見返しをつけるのが大変かと思ったら、そうではなく
裏地通しを縫う時に、糸調子をするのが気を使いました。
でも、思ったほどやりにくくもなく、すらすら縫いました。

それよりも、工程を守ることの大切さ!
中とじの順番を間違えて、ほどいた時のガックリ…
もっともっとわかりやすい本があればよかったけど
それがなくても、自然にこっちが先とわかるようになったら
ベテランさんなんだろうな。

体で覚えるっていうか、それはちがうだろう、みたいな感が働くこともなく
思い切り間違えて、ほどいたところがあります・・・・

裏を返して、どうしてこんなに裾が合わないのだろうかって
びっくりしたんだけど、きせを余分にぬいしろをつけてみたり
縫いずれたり、いろんな歪みが最終的にどん、と来て
裾始末の時に、苦笑するしかなかったです。

裏地をつけて、ポケットを作る、そしてパッチポケットで縫う、って
難しかった~
ずれるし、ステッチ汚いし、ミシンの押さえとか何かを替えたり
テクがあるのかもしれません。
ステッチが表に見えないやり方を参考にしたら良かったかな。

5)終えてみての感想
今もてる時間の制限の中で、できることをやってみているので
いい経験した、っていう充足感はあります。
コート作ったことはある、っていう。
これからこうしたらいいのね、って
いうのが自分の経験から見えたのは、うれしいことです。

やりもしないで、あーだこーだいってもダメなのよね・・・
机上より実戦タイプです。脳みその3Dが壊れているか弱いです。
[PR]
コートは裾を残して、なか閉じが終わりました。

ボタンホールは私が持っている家庭用ミシンでは不可能だから
やるなら外注します。
12年前に買ったミシンやさんの連絡先があって
電話したら、私の名前が旧姓で残っていて、時間が経ったなと
実感しました。

話は尽きず、今度ミシンやにいってみようという
ことになりました。
ボタンホールだけでミシンを買うのはアホらしい、
じゃあどうする?な感じで。
ミシンやさんのおじさんってどこもおばさん相手の商売だからか
話好きで、同じような感じを受けます(^-^)

職業用ミシンを買ったのは、洋裁教室がらみだけど
いろいろと違うお店とお付き合いをするのも
楽しいです。

さっきNissenのカタログを見たら、
ヤッスーーーク、コートがあって
品質のことはさておき、仕立てが大変なのに
どーしてこの価格で出せる?
恐るべし中国の人件費?
自分で仕立てて見ると、視点が変わるね。

さっき、ブローチピンが届いたので
これからつけてみます。
パーツが安くて助かります!
[PR]
a0227531_23585823.jpg

ここまで形になりましたが
手作業が多くて、思いの外、はかどりません。

職業用の直線ミシンじゃなきゃ、ここまでたどり着いて
いなかったので、ミシンのお陰です(^-^)/
何てったって、厚手のウールのカフスなんて、縫えるか疑問でしたが
スイスイスイスイ縫えました。アリガトウ

明日できればまた頑張りたいですが、
一人で部屋にこもれる時間は夜の2時間くらいかなぁ。
早く完成させたいな〜(^з^)-☆
[PR]
金曜日の夜から、裁断開始して、
表の縫い合わせを終えたところです。

ポケットを裏つきで、パッチポケットにしたことがなくて
要領が悪く、時間がかかりました。
ステッチが表に出ないパッチポケットにしたら良かったな(-_-;)

でも、はじめてのことって
予測がつかないことばかりで、形になってから
へぇ~こんな形なんだ!って驚きも♪

子供が寝てからまた再開します。

ほんっとにウールのほこりで
部屋がすごいことになってます(/_;)/~~

格闘は続く、、、、、
多分、裏地の薄さにつれちゃう予感。
キセを忘れるな私φ(..)
[PR]
裏地のアイロンかけまで終わった!

どのコートにしようか悩みだし、型紙も自分で引かないとなると
着れる日常使いなコートがいいよなぁ、って
雑誌をペラペラペラペラペラペラ,,,,,,
あ~ーー決まらん!

でも、結局は
縫製が簡単なデザインに決めて、型紙写しは終えました。

裁断は土曜日かなぁ。
一気に縫製が進まないとミスしそう(--;)
[PR]