カテゴリ:わたしのこと( 62 )

仕事を再開して2か月、なんとなく慣れてきました。
子供の新学年も3か月目、なんとなくクラス替えしたメンバーとも慣れてきました。
学校が好きで、休むなんて困る…と明日の眼科受診を伸ばそうとしています。
それが一番うれしいことではあるのですが。
学校という居場所、それが楽しいって、幸せだと思う。


そういえば、6月なのでプール授業が始まるな。
目は大丈夫かなぁ・・・・。アトピーも。
いちいち体を心配しなくてもいい、ケアの要らないお子さんのお母さん、
心底うらやましい。(違う心配に労力かけれるでしょう)

そして、
来月、夏休みが始まる・・・え?
この前まで春休みだったのに。

つい最近まで、子育て長い長いと、感じていたのに
あれよあれよとカレンダーが進んでいってしまうんだね~。


自分の仕事も再開したり、時間の使い方が細切れでなく、まとまりのある時間になってきました。
それをどう使うか・・・後悔しないよう考えて、行動したいです。
ここで自分でそう書いておけば、読み返した時に・・・ちょっとは頑張ろうなんて、思うかもしれないし。


このブログも2011年から・・・もう6年。
タイトルも脱線しすぎて変わってしまいましたが。
あのときの洋裁熱は、すこし冷えましたが、好きには変わりありません。










[PR]
スカートよりもpantsの方が日頃履きます。
エアコンで冷えないとか、自転車に乗るからとか理由は
ありますが、生活スタイルがスカートよりpants。

シルエットがきれいなpantsがなかなか見当たらず、
なんでもいいやーになって、ダサイんですよ

どうしよう
自作しても元々の骨格が美しくないから、きれいに見えない。
お尻がペッタンコですから。

スタイルいい人、羨ましいなー
颯爽と長い足で、スキニー履いて、歩いてみたーい。
美人になるよりナイスバディの方が憧れる。


ワンピースでごまかさないコーディネートができたらいいのに。
研究かなぁ?

道行く人や身近な人のコーディネートを見て、何を狙ってるんだろう?と
考えてるんですけど、なかなかおばさんって難しいね。

鏡見てがっかり、よくあります。
[PR]
育児真っ只中でも、私は働くことができる、と
思いたくて、3歳になってから働きだしました。

ちょっと見ててあげるという親戚もおらず
東京ではスポットで子供を
あづけたりしたこともありました。

ここ数年、仕事をしているとは言えない仕事量です
関西の地方都市に、今までのキャリアを生かせる仕事は
あまりなくて、しかも安い。
仕事内容はそんなにこだってないのに、収入として反映しないとめんどくサーくなるんです。
小学生になってもすぐに留守番は無理だから、工夫もいるし、時間のやりくりもあるから、大人の手が1つでいくつもこなすことで子供にしわ寄せ行くな、と



今年はどうしよう?と思っていて、働かなければダメだとも
決めつけてませんでした。。
私の胸に引っ掛かるのは
自分は無職だと言うこと。
お母さん業はやってるけど、納税できるような仕事は
ありません=無職‼

やっぱりやだな
自分の心持ちとしてだけど

子供にも、こんなしわ寄せ行くけど、と聞いたら
仕事いかなきゃ‼頑張って
だってさ

わかっていってはないと思うけど、そう言ってくれるなら

働きます。
そんなくらいしか背中を見せてやれません。
いいとこないなよね~あんまり。
[PR]
大きな声で怒ったり注意したくないわーと
覚え書きして、その後二日間どうなった?

注意したことはあった、が

大声で、っていうのはしてないな。

気を付けていれば、対応も変わるのである。

よしよし、この調子で頑張ろうー(^_^)/



[PR]
仕方がないことなのかもしれませんが、

東京で働いていて、地方に来ると
お給料が安い。

子供がいて正社員に慣れないとすると、もっと差が開く。
資格で働いているので、資格分は賃金も上がっているとはいえ
東京で働いていた時の半分近く、という条件もときどき見かける。
安いのをわかって応募しているのとは違うから。


この春から、仕事に出るのをどうしようと思うのは、
子供の役員行事もあるしな、ピアノの付き添いもあるしな、とか
諸々あるとはいえ、

安い

ということが一番のネックかもしれない。

もう、それなら、時間のやりくりしてまで家を空けて
夕方、バッタバタ家事がめぐってきて、余裕なくなり子供を怒るとか
してしまったら、し、ん、ど、い~~ですもんね。

節約したらいい、くらいの稼ぎならと揺れるのである。

そんなの人生に対する問いみたいで、ぐるぐるになりそうだから
ここで書き終えますが、

一円を笑う者は一円に泣く になるのでしょうか?
あ、一円を笑ってはいません、大切にしています。
でも、給料が安い、と言っているのでそれに近いのか?


責任だけ重くて、安い。
子供をほっとかねばならないことも、まれにではあるがある。
それでも行くか。
経験を積むというより、そういうのは経験してなきゃおかしいくらいの勤続年数だしな。






[PR]
もうすぐ二年生も終るな、とブログの過去記事を読んでみると

私は、いつも、子供を怒りたくないって
書いてる。


そのこと自体、今も同じです。

過去の怒っている自分へ
今なら
なんて言おう?
<

それを言っても、難しいだろうね。
できないだろうね、でもわかってほしいよね。
がんばってるな~

です。

今は、過去ほど一つのことに熱心ではなくなり
むしろめんどくさくなったから怒っているかもしれない。
少し見えてきて、力が抜けたかな?
私は何にも成長してないのだけど。


心配の質が変わってきた
自立は嬉しいけど、私が母親だから潰れたり、ゆがんたりしてほしくない。
関わりを通して、心が健全に育ってほしい。

大好きをたくさん言ってくれる子供には
それ以上をまず返さなきゃ、そこからですね。
いい関係でいられるのは子供のお陰で、私じゃない。
ありがとう


自分に自信がないので
おかあさんみたいになりたい
といわれると、いい気持ちがしない。
もっとましな人になれるよ、と言ってしまう。喜べない私です。
正直、自分が子供の頃、母親みたいになりたいなんて
思ったことはないかなぁ?覚えてないなぁ
[PR]
自分では、前向きな方だと思っていたのですが、

最近の自分について
気付いてしまったんですね。

「あたらしいものを覚えたり勉強する」のを
面倒くさく感じる。

わかる範囲でいいや・・・

そんな気持ちのほうが大きいということを。

これって、悪いことではないのです、ただ年齢的に
もう、めんどくさいってことだと思うんです。

調べようとしたら調べられるし、なるべく最短距離で目的を果たそうとするって合理的だとも思う。

難しい資格や新しいことを頑張るって、自分に必要ない(今)ことなのかもしれないなぁ。
なんだか残念な気持ちになってしまうと言えばそうなんだけど、出来ることを活かしていく、ということでいいんだと思う。

気付いてしまったからには、逆らわないで、楽に生きて行こう(^.^)
楽に生きられる人生なんてないんだから・・・そもそも。

ただ、子供の前では隠しておこうと思います。
一応、がんばるって大事だよって。
基本は大事で、繰り返し(計算や漢字)はやらなきゃだめよ、って。

そして、子どもは限界を決めちゃいけなくて、頑張った分だけ
成長という形に現れるんだもん。

私に、成長なんてあるんかな。

円熟っていう言い方には、近づけない(恐れ多い)しね。
成長が終わって、今までのことを誰かに役立てられたらそれでいいや。
役に立たない存在だったら悲しいもんね。


寒いから、なんでもめんどくさい・・・
そんな私ですが、
水で汚い車を洗いましたよ。
ふふふ~





[PR]
人のお付き合いで、ここが気になる。けど
大したことじゃないし、ま、いっか。

とお付き合いを続けるのですが、

やっぱり、そこは嫌なんだよーと思ってしまう場合


適当に来るもの拒まずにしておくよね。

東京から引っ張って来ている関係です。
こどもがらみで。

私が個人的に友人じゃない。

どこが嫌なんだよ?と聞かれたら
(聞かれはしないけど)

上っつらばっかりでなのに何の連絡を取り合いたいわけ?
具体的なことはスルーして付き合いたいなら
話題なしですよ


主語が誰に変わってもいいような話なら
わたしでなくていいでしょって。
言いたくない、は立派な返事だし、あ、そっか~と思うけど。
礼儀として伝えることを伝えないと、こちらも距離感が
わからないので、気を使うしムカッとすることあるし。


やっぱり、友達と呼べる人は
数少なくていいから飾らず、正直に伝えあえる、カッコ悪さも見せれる、
そんな関係でないとめんどくさい‼のだ。

もう東京にもいないのに何で私が気になるのさ?
気づいたけど、もしかして私でなく
子供が気になる?

わかりません。

言ってることがどうあれ、正直な関係なら
ムカッとすることないもんね。

やっぱり自分の感覚的なものを大切にしよう。
相手に合わせて適当にしてると、何回でもムカッとすること起きるわな~


よし(-.-)ノ⌒-~( ・_・)ノΞ●~

[PR]
日ごろ、なんでだろーと思うことはよく起こり、
病気、失恋、事故など
納得が行かずにいつまでも怒りの種がくすぶることも
ありそう。


子供の成長を見ているつもりで、実は
現実的な結果は見てるのに、心までは見えない。
身の回りのことがトロイ、だらしない、なぐり書き、
何度言えばなおすのさ‼とわかることだけ、くみとってしまう。

冬休みはずっと一緒にいて、感覚的なものが何となく
感じとれたんです。
あぁ、そうなんだ~みたいな感覚。

それが冬休みの一番の収穫です。

未熟な母親なんだけど、感覚的なものを信じて
いければなぁと思ってます。

自分の母親は、私にこの感覚的なものを感じてくれなかったのか
わかってるけど生活上にその感覚を活かしたくなかったか?
わかりません。

私は、わからないより
わかりたくなくて、正論を振りかざしがちでした。
でもね、怒ったからわかることもある。
子供も怒られたから、わかることもあったのでは?

もう8歳、育児のギアをひとつ変速する時期かも知れません。

[PR]
昨日の夜中、夕方、
子どもがくしゃみを頻繁にしており、金曜日は学校を休むレベルの風邪だろうな、とピンときました。
そういう勘は必ず当たります。

木曜日の夜からその状態になり、金曜日にはずせない仕事・・・
要するに自分の代わりができる人がいない状態であれば、
朝に、「私今日はいけません」としれっと言っていいのか?
言おうと思えばいえる。
けれど、社会的信用は堕ちます。
今後、この人に頼んでも・・・・になるでしょう。
わたしだって、やり遂げたい気持ちはあるし。

いくら子供の健康は大事とはいえ、
うちの子と何も関係ない会社の人たちには影響する。
「そういう事もあるよね、仕切りなおしてそれはやればいい」
と言ってもらえるのは
正社員で新卒からそこで働き、自分の歴史を見てきてもらえている職場ではなかろうか?

私は、新しい土地に越してきたばかりの非正規職員。
契約社員です。
だから、昔の私を知らないで仕事の経歴だけ見て採用しています。
こういう場合、まずは安定的に仕事をしてくれる人なんだという信用を積み重ねないといけませんよね。
人間関係は、特に問題を起こしてないし、良好です。

結局、今日はどうしたのかと言えば、
子どもの様子を朝見て判断しよう、と前の夜からはアクションを起こしませんでした。
朝、熱は37.0℃
夜中に熱が急激に上がれば、アウトでしたが微妙だなぁ…のレベル。
様子は、まぁ元気で、
午前中は留守番できるよーと言います。
でもね、何かあったらどうしようね、一人で置いとくんでしょ?
と「私が」不安ですよねぇ。
でも、
子どもが自分で、家にいれるというなら、信じよう。
なにかあれば、そこでいきなり帰宅するわ!
子どもがが背中を押してくれるなら、行きます!と
出勤しました。

午前中、必ずせねばならない業務は終えて、お昼ごろ帰宅。
特に問題なく布団で寝ていてくれたのですが、
途中10時ごろ、わたしから電話して「元気にしてるー」と声を聴けました。
そこで、あと1時間程度は問題ないなと判断できたし、子どもも
自分からはお仕事だから電話しちゃいけないと思ってしてないよ、とか
しっかりしたことも言っており、ありがたかったです。
世話しているのはこちらだけでなく、子どもも成長したなと
頼もしく感じました。

2年生、ということ。
病状にもよる、ということ。
それと、
一番大きいのが、仕事が外せない、代役がいないということを抱えていたとしても、行けば自分の裁量で動けるという条件でないと、今日の出勤は無理です。
帰宅もそそくさできたわけだし。

電話してあげたり、早く切り上げて帰るようにする、ということができない仕事では休まざる得ない。

結局、子供を抱えて、祖父母や身内に少しでも観ててくれる人がいないと
こういうピンチのときに仕事に行けないんですよね。
もし、複雑な思いを抱えて行ってしまって自宅で何かあった時、
テレビのコメンテーターに
「こんな時くらい、休んであげればいいんですよ」って軽く言われるんだろうな。

なんか、経済的に母子家庭だったり必ず収入が必要なケースって、
こんなんじゃなくもっともっと休めない仕事をしているであろうし、
綱渡りだろう。
むしろ、こどものこと全然気にしない人でいれば、なんとなく夕方まで働いてきて、家で子供がぐったりしてたけど、死んでない、とかいうのも、あるのかもしれない。

ほーんと雇用されることを考えさせられる。

でもね、あきらめて家にいたらおしまいだ。
そういうときが終わって、また働けるシーという仕事なら
今やってるわけないじゃん・・・なんです。
あきらないで冷静に判断することデス。

うちの夫は、こんな時でも、
自分の仕事に汚点はつけられないので、容赦なく行きます。
ま、それでなきゃいけないのはわかっているので、頼みもしてません。
八百屋さんとか商店街に嫁げば、だれか店にいてくれたのかもとか
思ってしまいましたよ・・・・・

義母は、義父のデイケアのことやら、世話があるから突然のことに
対応できない(とういうかそこまでの体力がない)、子供の
風邪をうつしたら、それこそ大変!大変!
義父母は二人で頑張っているのだから、キャパを超えさせてはならない!


子どもも、だんだん成長するので、こういう事があと何回起きるかわからないけど
置いていっていい、んじゃない。
今回は、軽症だったことと、そそくさ帰宅するため調整できただけだった、
それだけ。

お昼をいっしょに食べて、お昼寝するんだよと寝かせました
わたしも疲れたので、ネットスーパーに来てもらって
読書してごろごろしますわ・・・












[PR]