カテゴリ:娘のこと( 56 )

いろんなお子さんがいると思いますが

うちの子は
怒ると、泣いて、私の腕をつかんでぶら下がります。
30分ほどないて引っ張りつけられ
時間ロスします。

何より危ないし、怪我したくないのでやめて‼というけど
おかまいなし。

イラつくと同時に、くちごたえまでします。
親のいうことをきかないならそれでもいいや。
でもさ、ぶら下がるとか、自分が主導権握ろうとするのは
やめて‼

結局、反抗したぶん無駄だし、自分のためにならないよね。
わたしのことがきらいなんだなーとか言ってくるので
ぶらさがる人間は嫌いだし、何より危ないからやめなさいということを聞けない人間はもっと嫌い、とまで言いました。
嫌い、はつかっちゃいけないのでしょうが、
毎日の約束ごとや、当たり前にしなければならないことをやらずに
わがままを押し付けてきた場合、致し方なく、
親にも気持ちはあることを伝えます。

無条件の愛情とまた違うよ。


正論だとか優しさとか
関係ない。
母親だって感情はある。
我慢ばっかり譲ってばっかり、そうじゃないな
考えや気持ちを伝えていかなきゃならない。
それ
あなたはどう思うの?

聞いてみようじゃないか。
[PR]
洋裁ネタでなく、つらつら覚え書きしています。
駄文です('_')

自己肯定感を高めよう、それがないと自信がなく育っていくよ、
大人になって試練に立ち向かえない、などいう文を本でも、ネットでも見かけることがあります。

私は、昭和に育っているので、ほめて伸ばすなんて風潮はありませんでした。
家族を外で褒めるだなんて、むしろ恥ずかしいと。
やってあたりまえ、働かざる者食うべからずくらいの勢いで
お手伝いもさせられたし、勉強は子供の仕事、と言われました。

そうじゃないお母さんもいたでしょう。
金子みすずのみんなちがってみんないい、だってずいぶん古い時代に作られているので、みんな違っていいんだよって、子供のあるがままを認めてくれたお母さんもいたと思う。

私の母は、一緒であれ!でした。
集団(ベビーブームのころ!)とおなじことが出来なきゃ人様の迷惑でしょ、の教育。
先生も、みんなと違うことをすると、廊下に立っておけ!正座!でしたし。
その分、クラスで九九が言えない子を最後まで面倒をみる熱血さもあったと思う。
クラスの中に多動や発達障害の子もいたんだと思うけど、冷ややかな目で見るなんてこともなかったな。普通にいるけど何か??くらいな自然さ。居場所があったような。あだ名があって、それが言い当てていたけど、いじめって感じもなかった。
みんなちがってみんないい、わけでもなく、アーそういう子いるね、それもいるよねっていう感じが心地よかったんかなぁ。
そういうタイプは、気がいい子が多かったような
具体例⇒(黒板用の三角定規の穴からかぶって、頭が抜けずに、先生も馬鹿ものーって出席版で頭を小突いて、抜けないまま授業を受けていた子がいた)
けれども、険悪な雰囲気ではなくて、そういう子がいるってふっつーに授業が始まっていたよ。
そのタイプの子たちが、授業妨害するとかもしなかった。
したら、後ろに立っておけ!廊下に出ておれ!と雷が落ちるもんね。
1学年6クラスの小学校の出来事でした。

昭和の話から、そういえば・・と思ったことですが
私が新入社員だった頃、今村議員みたいなおじいさん?おっさん?が会社にいて、威張り倒しているのは当たり前な光景でした。
とんでもないこと言うよね、みたいな。
下のおじさんは、へこへこしていたし、若い子たちは「出て行け」「うるさい」と言われた記者のように、質問などできる立場になく、もし気に入らないようなことをいえば、同じようなどなりを受けたでしょう。
あれをテレビでみたとき、公共の場で何?昔、ああいうおじんは多かったけど、まだいたの??
今の時代は、おじんも賢くなり、ああ思っていたとしても、言ったらどうなるか賢くなったのでいわなくなった。
パワハラって言われたら嫌なだけよね。
周りのお友達や、議員さんに対してはそういうこと一切ない人で、むしろいい奴なのにかわいそうだと思われているかもよ。
それだけ相手を見て態度を変えるってことですね、おじん。
だって、普通の国民は自分より下だから、ってことではない?
記者さんを下に見ているから、あんな怒鳴りをするんだもん。

話それました





娘の時代は平成末期
[PR]
教育ネタブログではないですが
どうしても学校行事とともに暮らしているため
時計のすすめ方は子供の生活ペースとなります。



通塾してみて
[PR]
洋裁ネタではなく、育児ネタです
愚痴ってますのでスルーしてください。

本末転倒
[PR]
a0227531_09393493.jpg


3日くらい夜の隙間時間に刺繍をした娘の作品

下絵は自ら書いていました。
自分の手乗りチュチュですね

ちょっと教えるだけで
チェーンステッチとアウトライン位はできます。
手がかからずやれるようになってます、
嬉しい
[PR]
a0227531_11514129.jpg

無事、踊りの発表会が終わりました。
出来るかどうかではなくて、インフルなどにかからず、元気にでれるかどうか?
ということが気になっていました。

踊っている写真は、皆さんのお顔も写っておりますので
後姿の写真を載せるしかありませんが、しごきも付けてかわいく着つけてもらいました。
髪を結っているお子様は、縮緬細工を飾ってもっと本格的でしたよ~
うちの子はちょっとゴムでくくり、そこにリボンと鶴の髪飾り(お古)をピンで付けました。
踊りの出来栄え以前に、みんなのかわいい着物姿を見るだけで「晴れの気分」でした。
晴れ姿、とはよく言ったもの!

これがきっと最初で最後の舞台となりますが、いい体験をさせていただきました。
先生方には、失礼な言い方になるかもしれないのですが、
親世代の先生方のご指導だからこそ、価値があったと思います。
年の功ってある!古き良きものってある!
いちいち細かく指示をする指導ではなく、踊りを見て真似る。
型を見て覚える、この口伝承のような日本的な読み取り・・・
ホントにうわべだけの体験しかできなかったのですが、先生方のお話、伝え方、が勉強になりました。(親が)








日頃の覚書
[PR]
by harenohiureshii | 2017-01-31 12:39 | 娘のこと
何がガッツ?

かと言うと

洋裁ネタではなく 冬休みネタ

家庭学習
[PR]
子どもの文字
なぐり書きで作文を出したり答案を書く。

幼稚園でひらがなを書き始め、うまかった。

油断したら、
今や一年生より悪い癖をつけた汚い字。

注意、説明 怒号 嘆き さまざまな接し方をしてきて
結局はなぐり書き。

マスにひと一文字一文字がキチンと入っているかを
みていけばいいだけのこと。

やりたくないならそう言え、と言うが
やるという。

書けないんじゃない。



書こうとしない、変わろうとしない

それだけだろ

ちゃんと書きなさい、と
言わせられてんのがばか臭い!

すべてにおいてそういうことは
みられます。

そつなくできるお子さんは
たぶんいて、親孝行ですよね。


とにかく、基本がなってなければ
つぎの話もできない。
小学生でも留年あればいいのに。危機感持つだろさすがに。


むしろ、順位をつけないんだっけか?

できないのにそれでいいんだみたいな
自己肯定感を持たないでほしい。
意味違うからさ


で、なんで
おかあさんごめんなさいって
いうのー?

謝ることでなく、実践するだけのこと。
謝らなくていいんだけど。
怒っているのは、書けないことでなく
書こうとしない根性だよ!

最後に

お母さんは、
書けても書けなくても健康ならそれでいい。
もう汚い字は見たくないと言いましたとさ。
[PR]
8歳になったので、私の覚書として
子どもの成長記録を書きます。




8歳
[PR]
昨日に引き続き高熱の娘、
ただの風邪ではなさそうと思い、
かかりつけの総合病院に電話をしました。

診療していない日ですが、と。
すると、だめもとだったのに
たまたま主治医が病棟に来ているので
診てくださるとのこと‼

良かったです。
診察結果はやっぱりただ事では済まないものだったので
診断がついているから落ち着いて今晩見守れます。

わかんないままだと、ぎョ、ぎょってなりますよ(/ロ゜)/

ほんとにありがたかったです、
受付の方の機転だわm(__)m
わたしにうつらないで下さいと祈るばかり。
[PR]