2017年 05月 15日 ( 1 )

この前、期待せずに行ったH&Mで
子供服のTシャツやワンピが綿100%だったこと。

ポリが少し混ざっているのは当たり前だよね・・・・
と決めつけて見もしませんでしたし。

2枚とも綿100%、え~~すご~~
うれしいわ。

私の薄手半袖ニットワンピ(家着)も素材を確認すると~
おーおー!!綿100%でした。
すごいH&M・・
嘘じゃないよね??

今、綿は高いし、安い服って全部ポリ混!
変なざらざら毛玉ができるんだよね・・・

ユニクロとかGUは、綿に見せかけて、ポリポリポリ
すぐ乾くっていうのもポリポリポリ、ひんやりするよっていうのも
ポリポリポリですしね。

あ、H&Mにもポリはもちろんあるけど
そのデザインは、テロテロしていて絶対ポリって分かるデザインです。


今日は、自分の洋服を見ていたところ、
やっぱり安めのブランドのお店のは、ポリ・・・・
ちょっと綿混って感じでしょうか。
綿に見せかけてポリ・・・ちょっと油断なりません。
汗を吸わないけど、すぐ乾く、色落ちしないポリ混。
便利なのかどうなのか??ん?

H&Mのことがあり、素材タグをみることにしました。
ないね、綿100%。
リネン100の場合は、大きくリネンシャツです!と素材アピールしてあるし。
フレンチリネン!とかね。
お値段このくらいでもいいでしょ~というアピールなのかも。


自分の服を作るときは、生地で混紡は使わないですし
着心地、肌触りを考えるので、素材は大事だと思いました。
ちょっとデザイン的にまずいかと思っても、着心地や肌触りがいい服って
ついつい着てしまったりするもんです。

しばらくは値段と素材の関係を、お店でリサーチしていると思います。





[PR]