やり遂げた発表会

a0227531_11514129.jpg

無事、踊りの発表会が終わりました。
出来るかどうかではなくて、インフルなどにかからず、元気にでれるかどうか?
ということが気になっていました。

踊っている写真は、皆さんのお顔も写っておりますので
後姿の写真を載せるしかありませんが、しごきも付けてかわいく着つけてもらいました。
髪を結っているお子様は、縮緬細工を飾ってもっと本格的でしたよ~
うちの子はちょっとゴムでくくり、そこにリボンと鶴の髪飾り(お古)をピンで付けました。
踊りの出来栄え以前に、みんなのかわいい着物姿を見るだけで「晴れの気分」でした。
晴れ姿、とはよく言ったもの!

これがきっと最初で最後の舞台となりますが、いい体験をさせていただきました。
先生方には、失礼な言い方になるかもしれないのですが、
親世代の先生方のご指導だからこそ、価値があったと思います。
年の功ってある!古き良きものってある!
いちいち細かく指示をする指導ではなく、踊りを見て真似る。
型を見て覚える、この口伝承のような日本的な読み取り・・・
ホントにうわべだけの体験しかできなかったのですが、先生方のお話、伝え方、が勉強になりました。(親が)










何があったかブログを読み返すことも多く、手帳の役割も果たしています。

昨日、B型肝炎のワクチン 1回目
インフルエンザと比べて、腕も腫れないし痛くなかったそうです。
2,3回とまだ2回も接種せねばならないのですが、気づいたら終わってた(^o^)だと思うので
がんばろう!
今のベビーは最初から組み込まれているんだもん、いいなぁ。
娘のころは、Hibも肺炎球菌も自費でやりました。
ポリオなんかは口から入れていたけど、今は注射なのね。
8年前ってそんな昔とも思えないけど、今は、全部公費でうらやましー。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ピアノの件

3年生から、自宅レッスンではなく、ご近所の先生のお宅に通うことにしました。
理由は、一つじゃなくいろいろいろいろたくさんあるので書き切れず。
自宅レッスンは、移動時間がないので楽でした。
でも、楽をするという事は…弊害もあるのですよね。

11月から、基礎の練習をしています。
まだ3か月じゃないの~(゜o゜)
いろんな先生から教わってみて、多角度から見ていただけたので、知れたことも本当にたくさんありました。
あらためてピアノは基礎が大事、だと知りました。
だけど、それに縛られすぎてもいけないと思います。
どの教本を使うかも先生によって違いますし、どこを大事にするのかも違う。
先生のご指導を素直に聴くことがまず一番、そして弾く人間が楽しいと思って弾くこと。
これができたら、いいんです。
楽しんで楽器の演奏をする、私はこれが楽しくて続けているの!
その気持ちがあるので、まだまだ音楽の世界を広げられます。

習い始めてからすぐに、コンクールに出るきっかけを頂いたことは、子供をピアノ好きに導いてくれました。
わたしにとっても、ピアノの練習を通して、親子の関係を見つめる機会(っていうかピアノで追い詰まり、子供をダメにするような怒り方をして苦痛なことも多々あった)であり、あの濃い時間を過ごしたからこそ、今に至るんです。

中途半端に習い、へんな欲が出てきて「もっと弾けるかもしれない」と思うことがなくいられます。

グランドピアノも置く必要がないと言えばない。
クラシックをしっかり習う必要もない、
ましてやソルフェージュ教室に通う必要も
遊びレベルなのでないのですが、

子どものお願いとして
「お母さん、やりたいの」
ということなので
「どうぞ」
ということになりました。

お願いされて、断る理由もないので
約束事として
「宿題、身のまわり、やることをほったらかしてピアノを弾くことはやめて」
と言い渡しました。

「わかった!」と返事はいいのですが、
きっと、時間割もせず、しれーっとピアノを弾いているんだと思います。
それ込で、もういいよ、と思うことにしました。
(しょうがない)









[PR]
by harenohiureshii | 2017-01-31 12:39 | 娘のこと