もっと言いようがあったとは思う

洋裁をしようにも、2階の部屋が寒すぎて上がる気にならない。
だから、冬物製作って進まないんだなぁ~

台所にいくのも最低限で、何してるんでしょう?
そんな私が、子供を追い詰めるほど怒っているのではないか?
日頃、それは気を付けないと、と思ってます。
子どもが自分で、「私、追いつめられてる!」だなんて思うわけないし。






ピアノの練習は、11月から基本練習に戻っているので
コンクール前のレッスン⇒先生の指示通りに細かく練習、
自分で嫌なところでも向き合いなさい!!!
のシーンがあまりない。

なので、親子喧嘩はありません。

楽しく、世の中には弾き切れないほどの曲があるのだから
子どもの時には、自由に音楽を演奏して楽しむことが必要だろう。

音楽、ピアノは、心のよりどころになる趣味であってほしいという位置づけでいます。
11月からはピアノで注意することはほとんどありませんでした。

その、注意、細かく言うってことについてですが、
ただ言っているわけではなくて、子供の隣について、
素人なりに楽譜見ながら音を聞いて、考えて
物を言うんです。
何となく、の部分もあるけど、先生のレッスンで言われたベースをもとに
方向が違わないように、気を付けて言うようにしています。

コンクールがあったから、それを言わざる得なかったんだな。
でも、今は基本練習しているでしょ、その子に対して
以前より理解力も上がっているし、上達もしているはずなのだから、隣についてまで、細かく言うなんてしんどくてできないですわ。
一応は、家事をしつつとか、観客として聞いて、褒めることを探してなんか言う、を心がけてますが。

子供自身、細かい練習の仕方、練習の持って行き方を、わかっているんだと思う。
でも、ピアノってホント練習が細かいし、嫌になるんだろうね。
さっさと音を出して、ワーッと弾いて終わりたい。
その方が気持ちいいもんね。
わたしは弾けないけど、弾けるんならそれでいいやって思う。
わからんでもないんだよね。
いちいち細かいフレーズやらスラーやら・・・●ב‘~=Y◎なんて、まぁいいでしょう~とお茶を濁したい。


だったら、
先生に習わなくてももういいじゃん。
クラシックである必要もない。
グランドピアノである必要もない。
コンクールに出なくてもいい。
親もいちいち細かいことを言わずに、ただ上手に弾いたね~とつっかえないことをすごいと言えばいい。
好きな曲だけ弾いて心を豊かにすればいい。
ソルフェージュや合唱まで習う必要ない。

そういう事じゃない?楽譜はすでに相当早く読める子です。

わたしは、子供が「そーだよね、それでいいや」と
マンションからアップライトを運び込み、グランドを下取りにだし
先生に習うのをやめて、好きな楽譜を好きなように弾いて楽しむことを選んだとしても、残念だとは全く思わない。
そういう楽しみ方で、軽音部に入り親友を見つけるのもいいだろう。
先生も、そのレベルならもう軽音部やシンセサイザーでかっこよくは十分だよ!っておっしゃってくださる。


コンクールに出ないことがあきらめただなんて思わない。
何が何でもクラシックだなんて考えも持ってない。
もったいないとかそういうのもない。

ピアノをやめて、ほかの楽器に打ち込むこともいいと思う。


昨日、
先生に教わったことをやろうとしないで、わたしのやんわり注意を
何度となく無視し、調子に乗った態度を繰り返した。
最近、それは気になってはいた。
が、おもしろくないであろう基本練習にまで口出し過ぎるとゆがむだろうと見守っていた。

先生も、レッスンで同じことを注意せざるを得ないことになっていた。
「自分の音を聞いてみて」「楽譜をよく見て」



ふつふつ、どうしたもんかという気持ちが湧いてきて、
それでもやんわり、楽譜を見てといわれているのに、できてる?とか声掛けをしたが、
舐め腐った態度しましたね。やれてるやれてる・・みたいな。

で、赤字の文言を怒鳴りつけました。
恐ろしかったでしょうね。
もっと言いようがあったと思う。が正直な気持ちだから。

子どもは、

「やらせてください・・・」
「ごめんなさい・・・」



わたしの言い訳を書くなら、
子供に対して、環境は親としてできる限り与える。
結果はいいんだ、やると言ったことに向き合う姿勢を観れたらそれで十分だ

何十回もその話はし続けている。

環境を取り上げられるのだけはいやだ、それなりの向き合い方をしない。
それは、我が家の考えでは、間違っている!!
我が家に伝わるアップライトの何が悪い??それでもありがたいと思えないなら
自分で働いて買えるまで、電子ピアノにしなさい。
先生に習いたいなら、それも働いてから自腹で教室通うことだってできるでしょ。


ある日学校から帰ると、グランドピアノがなくなっていて、先生が自宅に来なくなっても文句は言えない。
親がそれを最後に決定する力を持っているんだからね!

通告
(何回も通告されていますけど)

です。

子どもの言いなりに親が動かされちゃ、いけない気がする。
がんばるっていうから環境を与える親に、その態度をしたらどうなるかは考えられるでしょう。
与えるけど、取り上げられないってのも変だと思う。
そもそも、グランドピアノのってすごい場所取ってるんだけど。
真面目にやらなきゃ、不必要でしょ。
道楽なら、社会人になってからでも遅くない。

環境を与えるというより、そうしたくてしている親、音楽関係に行かねばならない事情があるなら話は別。
うちは違う。

間違っても、親が喜ぶ顔が見たいからピアノを弾く、とか言うのはやめてほしい。
自分が頑張ろう、こうなりたいからこうしたいんだと思わなきゃ、
あんな苦行な細かいピアノの練習、続かないでしょ。
コンクールも結果じゃないからね。
どう向き合い、準備して、舞台で弾いたのか


そんなこんなで、言い過ぎかもしれないけど
ここまで、っていう線引きはしなくちゃならないと思ってます。
(特にピアノってそういう分野のような気がしますし)


[PR]
by harenohiureshii | 2017-01-24 10:17 | ピアノレッスン(娘の) | Comments(0)