H29 習い事・教育費を考える

春から3年生、中学年だわ。
かかる費用はもちろんですが、習い事について、とりまく状況など覚書をして整理したいと思います。
来年の今頃、また検討すると思うので。







低学年ではないってのが、子供はうれしいそうです。
もうベビーでも幼児でもなく、しっかりとした児童!
120センチ足らずの身長で、ついつい幼い子と思ってしまいがち。
しかも、公共施設でも園児ですねと言われてしまうので、小学生の親の自覚も
最近ようやくできたかも・・・人より1年遅い^_^;

継続的な習い事は、6歳の誕生日直前から始めたピアノだけです。
他は、
東京にいた4歳のころ、1年間、お父さんが土曜日に連れ出す目的もあって、
自由工作教室に通っていたことがありました。
なかなかアートの筋はあると思っていたっけ。(親ばか)

今、3か月間だけの日本舞踊体験を受講していて、1月末に発表会があります。
義母が、義妹といとこが着ていた由来のある着物を腰上げや袖上げして
発表会で着れるようにしてくれました。
何色だって、どんな帯だって、私はそういう由来のあるものを着たほうが
いいと思うので、ありがたくお任せしました。
ほんとありがたい、感謝!
娘は、受講3回目くらいで踊りを覚えられなくていきたくないなと言ったことがありました。
練習風景を動画にとって、家で練習しようということになり、そこで
わたしの雷が落ちた!!!!!!!
おぼえられないのではなくて、覚えようという気がないんでしょ<`ヘ´>
明らかにやばい子でしたし・・・どーしちゃってそこまでできないの?
出来ないんじゃなくて、覚えようとする気が一切ない、指示を耳に入れない、
そういうところはピアノでも時々あるんだけど。

辞めるのは簡単だけど、一生、日本舞踊という言葉を聴いていい気持ちがしないよ?
自分がやりたいって言ったのに、たったの10回がんばれないの?
そうとうきつい言葉で刺しました。

その次の回から、脳のスイッチが切り替わったのか、
その回で習ったことは覚えて帰るようになりました。(決して高度でない)
できるじゃん。
そういう性格だよな。子供の嫌なところ、見たくないけど避けれない。

あと残すところ2回。最後の発表会が月末。
周りのお子さんと踊りを合わせることもでき、今は着物をきて余裕を見せるように。
今は行くのが楽しいようです。

来年も申し込みたい、というお友達もいますが、日曜日に通うのがなかなか大変だったので今年が最後だとお思います。体験の域で良い良い(^.^)


★☆☆●◎★☆☆●◎★☆☆●◎
ピアノは今の先生のまま続けていくと、現状維持の出費です。
自宅でのワンレッスン制、なので振替とか発生しないため計算しやすいです。
コンクールは、2年生の時と同じく年2回。春と秋。
年40回のレッスンが目安かと。
目標設定を変えて、予選を通ることを目標に考えたレッスンは受けない。
日頃のレッスンの対応だけで、出場していく。
参加費だけの出費になりますね、ドレスも小さくなっていないのでまだ着れますし。

新しく加わるもの
ソルフェージュと合唱 これは土曜日に通うことにします。
3年生の1年間だけと決めて。
理由は、そういうものなのだの入門編、がわかればよいと思うから。
それ以上続ける理由があればいいけれど、きっと1年で満足すると思います。

通信教材などお勉強系
通信教材がたまるので、通って何とか補えるものがあれば、お願いしたい気持ちです。
探してみようか・・・・
勉強が嫌いなわけではなく、家でピアノも勉強も、となると
二人で顔を突き合わせすぎですし、なんか毒母みたいで危険な感じがします。
よその風も必要?

合算して、12で割ると月額が出ますが、意外と見落としていた子供の電車代やバス代。
それと、親の送迎代。
あ、おなかすいたね~とか、おいしいものをみつけた、という外に出たときの誘惑代。

わたしの仕事もどうするか考える基準になります。
働きたい気持ちは大事にして、スケジュール組んでみようかな。

うちは、祖父母がこういう財布係をしてくれたりするうちではないので
夫婦二人で働いて頑張ってます。
(あたりまえだけど)
打ち出の小づちがないからこそ、考えて考えて、大事に習い事を受けさせることができてる気がします。
子どもにも伝わってると思うし。

あ~私の、無駄に布を買う予算はどうなるよー?!
それは、布在庫を消費してから・・・ですな。













[PR]
by harenohiureshii | 2017-01-12 12:00 | 日々覚え書き | Comments(2)
Commented by あい at 2017-01-13 14:31 x
習い事は難しいですよね。
家は通信とスイミングで満足している様だし、多くの習い事で自分の時間が作れないのもどうかと思うので学習系と運動系を1つづつ。
それ以上はお財布も追いつきませんしね。
そうそう、援助のある家と違うのよ~なんですよね。
我が家は家を買う時も親援助なし。
田舎では高確率で現金だけではなく土地の支給を親がしてくれる様ですが我が家はそれもなし。
「やめたいー。」は言いますよね。
覚えられないじゃなく、覚える努力をしてから言いなさいと私も良く言ってました。
今年は「心を入れ替える」という言葉が妙にヒットした様で結構頑張ってます。笑
Commented by harenohiureshii at 2017-01-13 15:06
あいさんへ

ほどよい加減があるので、学校外のことをふやす減らすは勇気が要ります。
多少頑張る!くらいがよくて、無理してる、はいつか破綻するからね。
親がリードするのはどのくらいか?とにかくやってみるか!でしょうか?