こうの早苗さんの本を見て、ジャケット

a0227531_14374485.jpg

a0227531_14381260.jpg






作る目的・・・布消費のため!
布・・・2012のひできの福袋に入っていた布 何メートルかは??
素材は、ほとんどレーヨン、すこしポリ、って書いてあったと思います。
濡れたら消えてしまう柄があります。アイロンかけたら復活!びっくり!
裁断した後、糸くずも出ずに縫いやすかったですが、アイロンで抑えると、縫い代の跡がつくし、きちんとアイロンで押さえながらきれいに作るのがめんどかったな~
パターン・・・図書館で借りてきた、新刊本

こうの早苗の布と楽しむ私のまいにち

こうの 早苗/主婦と生活社

undefined


26ページ掲載のジャケットです
遠出するときに楽だけどちゃんとしている服、として掲載されていて、私もほしいなぁ~と作ってみました。
こうのさんのは、ボタンが素敵だし、撮影でブーツ履いていたりスタイリングもいいので、素敵に見えます。

私は7号で作りましたが、デザインがたっぷりしているので小さくはありません。
楽、で、きちんと感がでる、というのはほんとうでした。
ただ、裏がついていないので滑りの悪い布で作ってしまい、下に着るものも滑りが悪いと、しわになるしなんかカッコ悪いので、素材は選んだ方がいいと思います。
こうのさんのように、リネンがいいのかもしれません。
そして、ボタンが目立つので、ボタンは大事だと思います・・・
アクセサリーとかでアクセントつけたりしないと、下手するとドップリおばちゃんになる危険もあるね・・・・気を付けよ。

さて、この本で書かれている作り方どおりでもできますが、気になったのは縫い代の処理。
1枚づつアイロンで割っていく、というのは洗った後の面倒があると思います。
2枚一緒にロックかけて、コバステッチしたほうが、脱いだ時に裏が見えてもいいですね。
とくに、後ろの見返しがべらべらと落ち着かないような生地で作ってしまったら、首周りのステッチは必須でしょうね。
私も、ところどころステッチをして落ち着かせています。

袖の太さがあるほうが楽ですけれど、ひじから下も太いので、パターンの調整をしてもいいかと思います。

私のずぼらかもしれませんが、パターンを正しく写したと思っていたのに、ところどころずれてしまうのは、なんでだろうか。
同じパターンを使うとすれば、裁断前に確認しなくてはと思います。

所要時間・・・型紙写しからジャケット完成まで、だいたい子供が学校に行っている間にやるとしたら、2日間でした。


これは、セットアップにもなるようで、スカートも掲載されており、型紙も付いています。
ついでなのでスカートも作っておけばいいのかなぁ。
布はまだあるし、ゴムスカートだからやるか?!
勢いでやってしまえればいいけど、裏も付けるとなるとめんどくさいし、アぁ・・布まだあるし~~








[PR]
by harenohiureshii | 2016-02-03 15:19 | コート・ジャケット | Comments(0)